わかるLog

初級者のWordPressやサイト作りの困りごとを解決する「わかるWeb」が、感動ストーリーや日々のメッセージを綴ります。

異星人が問う人類の責任。地球の静止する日は来るのか。

f:id:wakaru-web:20210713191918j:plain

 

宇宙開発競争が激化しています。


旧ソ連、アメリカについで、ついに中国も火星に探査機を着陸させました。

それ以外にも、6つの国と地域が火星に乗り出しています。



先に行った者勝ち、やった者勝ち。

各国が宇宙強国になろうとして、数千万kmの彼方に向かって我先にと、しのぎを削っています。



人がどんどん宇宙へ乗り出す一方で、信じがたい警告があります。

故ホーキング博士は、こう言っていました。

 

 
宇宙人と接触しないように

 

人類がまだ発展段階の今、地球に宇宙人が来ると、人類にとって良い結果をもたらさないかもしれない

 

f:id:wakaru-web:20210704121656j:plainpixabay

ハーバード大学のエイブラハム・ローブ教授も、2021年5月に次のような声明を発表しました。


地球外生命体との平和条約を結ばなければ、

人類は6,600万年前に絶滅した恐竜と同じ運命をたどる

 

 

なんということか・・・

 

 
地球外生命体(E.T.)との接触で、人類は滅亡してしまうだから、彼らと和平を結ばなければ生き延びられない、

と言っているのです。

 

 両者のメッセージはいずれも、人類が異星の存在に対して無力であると警告しています。

 

f:id:wakaru-web:20210704113654j:plainpixabay


今から70年前


人類が、宇宙では全く未熟な存在である
ことを思い知らされる事件が起きました。

 

 第2次世界大戦後の1951年

 地球の上空60kmを、時速6,400kmというスピードで飛行する物体が探知されました。

 

明らかに地球のものではありません。

 

 それは北大西洋上空からアメリカ東岸へ移動し、轟音を発しながら、首都ワシントンで地上に下りてきました


人々は、パニックになって逃げ惑いました。

警察と軍が出動して周囲を囲みます。

 

やがて、その銀色の円盤状の物体から、奇妙な服と丸いマスクをかぶった生命体が現れました。

 


その生命体は「英語で」こう言ったのです。

我々は、平和のために善意を持ってきた


 

f:id:wakaru-web:20210713164624j:plain pixabay

 

●地球の静止する日

もちろん、これはフィクションです。

ワシントンD.C.に、異星人が降り立ったことはありません(たぶん・・・)。


1951年のアメリカのSF映画の古典

地球の静止する日(The Day the Earth Stood Still)」の世界です。


監督は、後に「ウエスト・サイド物語」や「サウンド・オブ・ミュージック」などを手掛ける、名匠ロバート・ワイズです。

 

この映画は、2008年にキアヌ・リーブス主演でリメイク版が作られましたが、

1951年版の方が圧倒的に完成度が高いです。


もちろん、CGなどの特殊効果はリメイク版の方が進化していますが、内容では57年前のオリジナル版が勝っていると思います。


緻密なストーリー展開や、人々の感情を丹念に描く演出で、圧倒的な緊張感を生み出しています。



※ご注意
以後、映画のネタバレがあります。

しかし、きっとこの記事を読んだ後に映画を観ても楽しめますので、安心して読み進めてください (^^)

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

mayotoyoyoyo(@mayotoyoyoyo)がシェアした投稿

 

 

●異星人が来た理由

4億キロの彼方から、地球にやって来た異星人。

彼は自分を「クラトゥ」と名乗ります。

昆虫のような体ではなく、タコのような姿をしているわけでもない。

体も顔も声も、地球人と全く同じです。

 

 彼は、地球のラジオ電波を傍受して、地球の情報や言語を学んだのだといいます。

 

 いったい何のために、彼は地球に来たのか。

 

f:id:wakaru-web:20210704141844j:plainpixabay


アメリカの大統領補佐官が、彼に来訪の目的をたずねますが、

彼は答えません

 

彼は言います。

「私は、世界中の代表者の前で地球に来た理由を話したいのです

一つの国家と話せば、幼稚な嫉妬や疑問を招くだけです」



そして、こう語ります。

地球の将来は、危機的状況です



ところが、大統領補佐官は、各国の代表を一同に集めるのは困難だと訴えます。

なぜならば、国ごとに事情があり、国同士の対立がある

 
各国の足並みを揃えるのは不可能だ、と。


(第2次大戦後の1950年代は、東西冷戦をはじめ、世界が緊張と疑念で覆われていたようです)

 

f:id:wakaru-web:20210704141519j:plainpixabay

 

●科学の言葉

厳重な警備から抜け出して、クラトゥは世界的な科学者であるバーンハート教授を訪ねます。


クラトゥには、今すぐ真剣にメッセージを受け止めてくれる人が必要なのです。



彼が訪ねた時、教授は不在でした。

そこで彼は、教授に「科学の言葉で」メッセージを残します。


研究室の黒板いっぱいに、宇宙力学の数式が書かれています。

教授が何週間も取り組んでいるにもかかわらず、いまだに解けていない数式です。

 

f:id:wakaru-web:20210704142140j:plainpixabay

 

クラトゥは、一目見ただけでその式を解いてしまいました

そして、黒板に「解答のヒント」を書き込んで去りました。

 

 外出から戻った教授は黒板を見て驚愕し、それを書いた人物を探しました。

 そして目の前に現れたのが、クラトゥでした。

 

 教授はたずねます。

「君がこれを書いたのかね?」

 

クラトゥはうなずきます。

 

そして教授に聞きました。

「もう式は解けましたか?」

 

まだです。だから君を呼んだのだ


クラトゥは、ごく簡単な問題だと言わんばかりに説明します。

この式を代入すれば解決します。それで最初の項を戻せる」


「でも他の項は?」


「定数変化法ですよ。これが正解です」

まるで学生に教えるかのように、教授に解答を教えるクラトゥ。

 

 教授は驚き、そしていぶかしげに問います。

自信満々だね

 

クラトゥは答えます。

ええ、これで惑星間を移動したのです

 

 

●クラトゥが来た理由

f:id:wakaru-web:20210704155429j:plainpixabay

 

 クラトゥは、自分が地球に来た理由を教授に打ち明けます。



「私たちは、地球人が原子力を発見したことを知りました

 
もし地球人が、宇宙で原子力を暴力的に使うことがあれば、他の惑星を脅かすことになる。


そうなれば、地球は異星からの攻撃の対象になるのです


地球の将来は、危機的な状況なのだ

私は、それを警告するために来たのです。

 

もし地球人が、私の言葉に耳を貸さなければ、私は「力」を行使するしかありません。

それは地球を消滅させる「力」です」



教授はたずねます。

「そんな力が存在するのかね?」

「はい、あるのです

 

 

教授はクラトゥの言葉を聞き、そして全てを信じ各国の、各国の代表者を集める約束をします。

 
その一方で、クラトゥに相談をします。


「力」の一端を世界に見せてほしい」


 事の重大さを知らしめるために、世界に衝撃を与えるのだ。

そうすれば、みんな耳を貸す。

 

方法は任せるが、誰も傷つけず、破壊せず、ほんの一例を見せるだけだ。

 

 クラトゥは笑みを浮かべます。

「わかりました。

驚異的だが破壊的ではない。面白い課題ですね

 

 

●クラトゥが見せた「力」

f:id:wakaru-web:20210704145617j:plainpixabay

 

クラトゥは、スマートでそして驚くべき方法で、教授の要望にこたえます。


彼は、世界中の電力・動力を30分の間止めてしまったのです。

 

世界中の車、電車、バイク、電力装置、輪転機、家庭の電化製品、モーター、

遊園地の乗り物、工場の機械、電話、無線・・・

全ての電力・動力を止めたのです。


ただし、病院や命に関わる施設を除きました


街全体が麻痺して人々はパニックに陥ります。

しかし、正確に30分後、何事もなかったように全てが元に戻りました。



人々の騒ぎをしりめに、教授はクラトゥの思慮に感嘆しました。

実に素晴らしいアイデアだ

 

 

●異星人を捕まえろ

f:id:wakaru-web:20210704152711j:plainpixabay

 

しかし、この行動は、思わぬ事態を引き起こします。

 

政府は、危険な異星人(クラトゥ)を捕獲するため、非常事態を宣言しました。

生死を問わず、彼を捕まえるのだ。

 

 

 そして、ついにクラトゥは軍隊に追い詰められ、兵士に撃たれました。

 彼は、あっけなく、殺されてしまったのです。



4億kmを旅して人類に伝えられるはずだった「善意」は、人類自身によって抹殺されました。


まるで、大事な親書の意味をわからない子供が、いたずらにその紙を破り捨ててしまったかのように・・・

 

●クラトゥのメッセージ

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

k.shibuya(@shibuyagawa)がシェアした投稿

 

クラトゥが死ぬと、残された装置が動き出しました。

 

宇宙船の前に立っていた巨大なロボットが、クラトゥの異常を探知して動き出したのです。

ロボットは、クラトゥの遺体がある場所を突き止めます。


一つ目のようなところから強力な光線を発して建物の壁を壊し、クラトゥの遺体を運び出します

 


ロボットは、クラトゥの遺体を宇宙船の中に運び込むと、特殊な装置に横たえます。

そして、未知の装置を操作し、クラトゥを蘇生させます

 

やがて、目を開けるクラトゥ。

しかし、彼は生き返ったわけではなく、しばらくの間命を伸ばしただけです。

 

 あとどれくらい生きるかは、誰にもわかりません。

 

 息を吹き返したクラトゥは、最後の仕事をします。

 彼は、宇宙船の前に集まった各国の代表者たちの前に現れました。

バーンハート教授もいます。

 

そして、クラトゥはついに、彼らに向けて重大なメッセージを話し始めます。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

hkz(@hkz.films)がシェアした投稿

 

 

「私は、もうすぐ出発しなければならない。

 

宇宙の発展は進み、異星の文明は接近を続けている。

しかし宇宙では、どの集団からの武力も見逃すことはできない

 


ただし、責任を持てば自由は許される

 


皆さんの祖先は、法によって秩序を作り、警察によって維持した。

我々も、その方針を尊重してきた。

 

我々にも、惑星間で相互防衛を行い侵略に対処するシステムがある。

そのために、ロボットが宇宙船で惑星間を巡回して、治安を守っているのだ。

 


ロボットには、絶対的な「力」が与えられている。

 


その力を行使し始めたら、もはや誰にも止めることはできない。

他者を攻撃する代償は、はかり知れないのだ。

 

 

f:id:wakaru-web:20210704155818j:plainpixabay

この強力なシステムのおかげで、我々は武器も持たずに、暴力や戦争を回避している

 

完璧とは言えないが、このシステムは機能しているのだ。

私は、それを伝えに来た。

 

地球内部の運営は任せるが、

もし暴力を拡大させれば、地球は燃え殻と化すだろう



目を見張ってクラトゥの話を聞く、リーダーたち。

そのまなざしは真剣そのものです。

 

 

「単純な選択だ。

我々と平和に暮らすか、このまま消滅の危機にさらされるかだ。


返事を待っている。

決断は、あなたたち次第だ

 


静まり返る、宇宙船の前の広場。

どの国の指導者たちも、クラトゥを見守っています。


 

●人類がなすべき決断

皆のまなざしを見届けたクラトゥは、宇宙船に戻ります。


「ゴート、ベレンガ!」

ロボットに何かを命じて、ロボットと共に宇宙船の中に消えるクラトゥ。

 

円盤状の宇宙船は、轟音を立てて光り始めます。

驚いて叫び、逃げ惑う人々。

 

やがて光る円盤は空に向かって上昇し、宇宙へ帰って行きました。

 

 

f:id:wakaru-web:20210704143350j:plain pixabay

 

宇宙の彼方から来た、異星人クラトゥ。

彼は、人類に宿題を置いていきました

 

 それを生かすのか、殺すのか、人類の判断次第です。

 


このストーリーを見ていると、壮大な宇宙の問題だけでなく、ごく身近な社会や人間の問題を連想させることでしょう。

 

原子力だけではなく、我々の周りには、命を脅かすいくつもの要因があります。

自然災害、飢餓、戦争、犯罪、感染症・・・

常に危険と隣り合わせで生きている、といってもよいでしょう。

 

人の判断によって行動は変わり、社会も変わります。

 

果たして私たちは、自分自身に対して、責任をもった判断をしているのでしょうか

 

宇宙人に警告される前に、ましてや宇宙人と衝突する前に、

我々が安心して生き延びるための

より良い選択を、真剣に考えてみたいものです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

シネフィルB_monk(@k.t___cinephile)がシェアした投稿

 

 


ではまた!

 

 

(エイブラハム・ローブ教授の声明については「まぐまぐニュース!」サイト
ホーキング博士については「Reuters(ロイター)」サイト

より引用・抜粋・ 加工しています)

 

 

当記事は「わかるWeb」のメールマガジンの記事を投稿しています。 
「わかるWeb」のメールマガジンは好評配信中です!!

いつでも自由に解除できますので、一度是非登録してみてください!
こちらからどうぞ!
「わかるWeb」メルマガ登録

 

バックナンバーはこちらです。
(2つのサイトにまたがっています)

メルマガバックナンバー カテゴリーの記事一覧 - わかるLog

運営者コラム | わかるWeb