わかるLog

初級者のWordPressやWebの困りごとを解決する「わかるWeb」が、感動ストーリーや日々のメッセージを綴ります。

パンくずリストの伝説 ~かなりエグかったグリム童話~

f:id:wakaru-web:20190326004517j:plain

 

パンくずリスト」って知っていますか?

 

そう、Webサイトのヘッダー(タイトルやメイン画像のある上部のパーツ)の下ぐらいによくありますね。

「ホーム > サービス案内 > 商品」

のように、

 今いるページがどの位置なのか」「入り口(ホーム)からどこまで進んだところなのか」などを示すものです。


パンくずリストがあることで、サイトの閲覧者は今より上の階層に戻れたり、今いる階層の位置を知ることができます(
テーマには、ほとんど標準でついている機能です)。

 

 

つまり、サイトの中の「道しるべ」なのですね。

 

 

さて、この「パンくずリスト」。

ご存知の方もいると思いますが、名前の由来はグリム童話なのです。

 

ヘンゼルとクレーテル」の話です。

 

貧しい家で暮らすヘンゼルとグレーテル、そして父と母の物語。

今考えると、このグリム童話、かなりエグいストーリーです。

 

f:id:wakaru-web:20190326005005j:plain

 

物語を振り返ってみましょう(どこか本来の話と解釈が違っていたら、ごめんなさい(*^o^*))。

 

貧しく、食べ物にも困るこの一家では、食いぶちをへらそうと考えた母親が、子供たち(ヘンゼルとグレーテル)を森へ捨てて来る計画を練ります ( ̄ロ ̄lll)

 

父親はこの計画に反対なのですが、母親の剣幕に押されてしまいます(「鬼畜」の岩下志麻みたいですね ( ̄▽ ̄;) )。

 

ところが、ヘンゼルとグレーテルはこの計画を聞いてしまい、何とか帰って来れるようにと、夜のうちに「光る小石」を集めておきます。

 

翌日、両親は子供たちを森へ連れて行きます。

道すがら、ヘンゼルは光る小石を少しずつ道に落としていきます

 

森の奥深くまで行って、両親は「後で迎えに来るからお昼寝して待ってなさい」と言って二人を置き去りにし、帰ってしまいます (≧◇≦)

 

子供たちは、父親が斧で木を切る「コーン、コーン」という音に、まだ父親が近くにいるだろうと思ってウトウトし、眠ってしまいます。

 

しかし、その音は、父親が木にぶら下げた枝が風に揺られて、木に当たる音だったのです(T▽T)

 

ヘンゼルたちが目を覚ますと、もうあたりは真っ暗

両親はとっくにいなくなっています。

 

ヘンゼルは、昼間道に落とした小石が、月に照らされて光るのを目印に、家まで帰ってきます。

 

二人が家に帰ると、父親は、自分が置き去りにしたにもかかわらず、喜びます。

母親は、地団駄を踏みます

やはり、「鬼畜」岩下志麻です  ( ̄▽ ̄;) 

 

 

何日か後に、一家はまた食べ物がなくなり、またしても両親は子供たちを森へ連れて行く計画を練ります(というか、母親がそう押し切ります)。

父親は、また岩下志麻、いや母親の剣幕に押されてしまいます (TーT)

 

これを聞いたヘンゼルとグレーテルは、また光る小石を拾おうと外へ出ようとしますが、扉にかんぬきがかかっていて外に出られません!

絶体絶命です!

 

翌日、森へ連れて行かれる道すがら、ヘンゼルは昼食用のパンをちぎって(涙)、パンくずを道に落としていきます。

 

これが、パンくずリストの名称の由来です。

 

これを目印に、家に帰れる・・・そんなわけがありません!

パンくずは、森の鳥たちに食べられて、なくなってしまいました

 

こうして、ヘンゼルとグレーテルは、母親の意図したとおりに、森で迷子になってしまいます (≧◇≦)

 

ですから、この物語では、パンくずは道しるべにならなかったわけです(*^o^*)

 

f:id:wakaru-web:20190326005848j:plain

 

その後、ヘンゼルとグレーテルは、森をさまよったあげく、魔女の作ったお菓子の家に迷い込み、魔女に食べられそうになりますが、逆に虚をついてグレーテルが魔女をかまどに押し込み、火で焼いて殺してしまいます(壮絶)というか、グレーテルの生存力強し! ( ̄ロ ̄lll)

 

魔女の家から、宝石や真珠を持ち出して、ヘンゼルとグレーテルは家に帰ります。

家には、やせ細った父親だけがいます。母親は、死んでしまっていました (TーT)

 

こうして父親と子供たちは、幸せに暮らしましたとさ。

 

う~ん、ハッピーエンドなのかどうなのか、なにやら壮絶なストーリーではあります。

これが童話なんですよね (・o・)

 

 

Webサイトの中で迷子にならないようにするには、ぱんくずリストの他に、「サイトマップ」がありますね。閲覧者が見ることができる「サイトマップページ」のことです。

 

サイトマップ」は、サイト内にあるページを列挙したもので、サイトの全体像がわかります。

 

サイトにどんなページがあるのか、これまでどこのページにいたのか、次にどこへ行けばよいのか、などがわかるはずです。

 

WordPeressでは、プラグインで 「サイトマップ」を表示することができます。

詳しくは、こちらをご覧ください↓

wakaru-web.com

 

そして、実はもう一つの「サイトマップ」があります。

 

これは、普段閲覧者は見ないもので、サーチエンジンに対して「このサイトにはこういうページがあります」と伝えるもので、SEO対策のひとつとしての任務を担っています。

 

XMLサイトマップと言います。

 

WordPressでは、XMLサイトマップもプラグインで作ることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

wakaru-web.com

 

パンくずリストもサイトマップページ(ページの一覧)も、閲覧者にわかりやすい機能ですね。

 

少しでもサイト内のページを見てもらうためより使いやすいサイトにするための部品であり、ページです。

 

コンテンツを充実させるとともに、こういった機能やページも、大事にしていきたいですね。

 

 

では次回また!

 

 

「わかるWeb」のLINE@あります!

WordPressやWebのこと、「感動のメルマガ」配信のお知らせ、日々の出来事など配信していきます。

是非友だち追加してください!

追加したら何でもいいのでひとこと送信してください(送信して初めて、あなたがいることがわかります)

こちらからどうぞ

友だち追加