わかるLog

初級者のWordPressやサイト作りの困りごとを解決する「わかるWeb」が、感動ストーリーや日々のメッセージを綴ります。

どこまでが遊び?どこから仕事?YouTubeやAmazon Kindleは、かなり簡単・有益な「ビジネスツール」だった!

f:id:wakaru-web:20200912064818j:plain

インターネットのメディアは、遊びとビジネスの境界線があいまいになってきた

 インターネットのメディアには、いろいろな側面があると思います。

例えば、日常生活で使うもの、遊びで使うもの、ビジネスで使うもの

ここでいう「メディア」とは、

「不特定多数の人々を対象にする、情報発信やコミュニケーション媒体」

としましょう。

メディアには、思いつくままに挙げただけでも以下のような種類があります。

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • ブログ
  • Webサイト(ホームページ)


Facebook

例えばFacebookは、友達の輪を広げる、めったに会えない知人との通信を行う、などから始まって、

より広く人の集めてビジネスの紹介に使ったり、活動や法人などのブランドページ(Facebookページ)を作ることもできます。

 

f:id:wakaru-web:20200911181207j:plainpixabay


Twitter

ツイッターも、遊びのような日常的な使い方からビジネスまで、幅広く利用されています。

今日カニ食べた!」などのごく日常鵜的なつぶやきや、普段の出来事の報告・共有だけでなく、

人とのつながりを拡大してビジネスにつなげたり情報発信の媒体にしたりと、多彩な使い方ができます。


遊びと仕事の境目が、もはやあいまいになっています。

遊びと仕事が同居している、と言えるでしょうか。

そこには、使う人が自由に選べる自由があるのです。


ツイッターはさらに、ライフラインに近い使い方もされています。

例えば、「台風が接近しているエリアが今どうなっているのか」「進行中の事件今がどうなっているのか」など、

知りたいニュースをすぐに、動画や写真、コメントでもって、テレビより早く知ることができます
ソーシャルメディアがテレビを超えた事例の一つですよね。 

 

プロがやっていたことが素人にも実現できる、YouTubeやAmazon Kindle

f:id:wakaru-web:20200911181259j:plainpixabay

以前は、専門家やプロじゃないとできないと思われていた分野も、今では素人がすぐに実現できるメディアがあります。

例えば、YouTubeAmazon Kindleです。

 つまり、動画や書籍ですね。

 

YouTube

YouTubeは、例えばスマートフォンで撮影した動画をすぐにアップロードして、世界中に向けて発信することができてしまいます。


例えば、「犬の散歩」を撮影したものであっても、「子供の寝姿」を撮ったものであっても、どんな個人的な内容でもOKです。

ビジネス用としては、「自分の専門のノウハウを話して」それを撮影したり、「実際に作業をしているところ」を撮ったり、「お店を紹介」したり、無限にアイデアが出てきてしまいます。


これまでWebサイトだけで情報発信していた人や会社は、YouTubeで動画やライブ映像などを使えることで、情報発信力が格段に強くなります


何より、カメラ(スマートフォン)とパソコンさえ持っていれば、これらすべて、費用をかけることなくできてしまいます(必要な場合、編集ソフトは有償で入手します)。

そしてもはや、YouTubeでの発信は、個人と世界の垣根がありません

 

f:id:wakaru-web:20200911181523j:plainpixabay

 

Kindle出版

Kindle(キンドル)出版でも、全く費用をかけることなく、簡単に自分の本を出版できてしまいます。

だれでもすぐに「著者」になれてしまいます。

つまり、何のキャリアも実績もなくいきなり「作家」になれるのです。

なってみたくありませんか?(笑)


書籍の内容も、「自分の個人的な体験談やエッセイ」など、全く個的な世界でも構いませんし、

「しっかりとしたノウハウや知識を書いた書籍」「本格小説」「写真集」などでもOKです。


かつて出版と言えば、それなりの資金を準備して、 読者に通用するような内容を書き、さらにそれを書店に並べるとなれば、何の知識もコネクションも持たない一個人では、まず実現は難しいでしょう。


それが、単純な作業で実現できます。

パソコンでWordファイルに原稿を書くだけ。

※いや、下書きならスマートフォンでもできます。

 

あとはWordからAmazonのシステムが電子書籍に変換してくれて、さらにAmazonで販売を始めることができてしまうのです。

まあ、表紙画像の作成や文中に画像を入れることもありますが、さほど大したことではありません。


自分の書籍が、Amazonで販売される!

以前ではこんなこと、想像すらできませんでした。


そして何を隠そう、僕は1冊キンドル書籍を出版しました。

こちらです↓

おかげさまで、出版して大変好評発売中です!ありがとうございます。

僕はこれまで、書籍など出したことはありませんでした。

全く初めて本(電子書籍)を出版し、それ以来ずっとアマゾンで販売しています。

販売されたら、あとはこちらは何もすることがありません。

売れるのを待つだけです。

こんなことが、お金もかけずにすぐにできてしまうのです。 


この書籍についての詳しい紹介は、こちらのページにあります。

www.wakaru-log.com

ご興味がある方はぜひ、ご購入下さい。

何とサポート付きで500円!どう考えても安いと思います(笑)

 

さて、YouTubeにもKindleにも共通して言えるのが、全く個人的な内容からビジネスコンテンツまで、境目なく存在するということです。

やはり、遊びとビジネスの境界線がありません

同時に、これらのメディアを本気でビジネスに活かしたい、収益化したいという場合にも限りない可能性があるということです。

 

f:id:wakaru-web:20200911183630j:plainphotoAC

YouTubeやAmazon Kindle(その他ネットビジネス)を教えてくれる講座

実は、僕のキンドル出版は、この講座で教えてもらいました。オンライン講座です↓
オンラインビジネス講座


この講座とのお付き合いは長く、Kindle出版だけでなく、YouTubeもアフィリエイトも、ネットビジネス全般の多くのことを教えてもらってきました。

普段僕が、ほとんどこの講座のことを語らないのは、みんながノウハウを身に着けて競合が増えてしまうと困るからです(笑)

やってみると誰にでも始めてしまえること。

知っているか知らないか、基本的にはそれだけの差なんです。


ですが、今回特別に紹介します。


なぜかというと、この講座、今回が最後になるからです。

長年続いてきたのですが、ついに最後なのです。


この最後の回の講座(半年間)では、特にYouTubeとKindleの最新情報や、ビジネスとして収益を上げる方法を教えてくれる予定です(それ以外にも、アフィリエイト、情報ビジネスなど、ネットビジネス全般にわたる講座でもあります)。


ちょこっと見せますと、例えばYouTubeでこの講座で参考にする「収益化された動画」の事例としては、以下のようなものがあります。

  • 動物園である動物の動画だけを撮り続けて月収270万円を稼ぐ
  • 趣味のバイクを乗り回して交通の風景を撮影するだけで月収500万円を稼ぐ
  • 趣味の折り紙を折る手元の映像を撮るだけで月収200万円を稼ぐ
  • マイクで川の音を収録するだけで月収1800万円を稼ぐ
  • 「働く自動車」のおもちゃで遊ぶだけで月収1800万円を稼ぐ


なにそれ?

って思いますよね?

でも、こういう世界が存在するのです。

 まさに、遊びと仕事の境目がない、いや、「遊びがそのまま仕事になっている」という、ちょっと信じられない事例です。

 

f:id:wakaru-web:20200911184020j:plainpixabay

しかし、これは本当のことなのです

だから、あまり出したくないんです。


唐突にこれだけ見ると、果たして真実なのかどうか疑わしいかもしれませんので、今期間限定でその講座の一部を無料公開しているページをお知らせします。

こちらをご覧ください↓
期間限定公開講座

 

これを見て、どういう世界なのか、どんな講座なのかを覗いてみて、どうするか決めればよいかと思います。

もちろん、気に入らなければページを閉じるだけです。


そもそも期間限定公開の部分的な講座ですし、当ブログとしてもあまり長期間出しておきたくないので、このページからある時点でこの欄を削除する予定です。

何卒ご了承ください。


また、もしこの講座について質問があれば、まず上記のURLから内容を見てみるか、僕に質問していただいても結構です。

僕に質問の場合には、こちらからどうぞ。

お問合せ - わかるLog


あなたが、これまで見たことのない世界をご覧になれることを、お祈りしています。

 


ではまた次回!

 

 



この記事が面白かったり役立った場合には、スターやブックマークをお願いします!

 

 

三日坊主がジョギング始めて6か月。体重が6kg減った!シューズが裂けた!爪が内出血をおこした!

f:id:wakaru-web:20200903095606j:plain

 

朝5:00の奇跡

コロナ禍のテレワーク(リモートワーク)で究極の運動不足になった僕は、この記事執筆時点から6か月前、55歳にして突然ジョギングを始めました。


それまで、ほとんど定期的な運動をしていなかった僕が、
8km~10km(最長12km)を走れるようになりました

そして何より、三日坊主の僕が6ヵ月の間「継続して」走っています。


僕にとっては、まさに奇跡の出来事です (^-^)

 

朝4:30に目を覚ますと、すぐさま全身にアドレナリンがいきわたり(自己イメージ)、着替えてシューズを履き、5:10には走り出す。

全行程、1時間15分ほどのジョギングです。

この顛末について詳しくは、ジョギング始めて3か月目の記事をご覧ください。

www.wakaru-log.com

 
ジョギングを半年続けたら体重が6kg減って、久しぶりに会う人に「痩せた?」と言われるようになりました(これまで、10人以上に言われています)。

それだけ、ジョギングを始める前はメタボ体形だったのでしょう。

今でもメタボ気味なことに変わりはないですが、劇的にマシになったようです。

特に「後姿、上半身(肩回り、胸回り、お腹周り)が、スリムになった」という証言を、よく聞きます。

きっと以前は、はるかにポヨンポヨンだったのでしょう。。


少しでも体が締まったとしたら、とても嬉しいことですが、ジョギングの目的はダイエットばかりではありません。

僕が望んでいたのは、体内の巡りを良くして気持ち良くなる、ということでした。

テレワークでガチガチになった体を、ほぐしたかったのです。

 

f:id:wakaru-web:20200902190708j:plainphotoAC


運動不足というのは、かえって体が疲れるものです。体のあちこちが凝り、体内の循環が滞ってしまうからです。

多少の運動をした方が、体の疲れがとれます。

普段少しでも運動をしている人は、きっとそれが実感できると思います。


だから、外に出て体を動かし、気持ちのいい自然の空気を吸う習慣が実現したのが、一番の喜びなのです。


「ジョギングって、そんなにいいものなの?」と聞かれたら、

「いいものです。是非ウォーキングからでも始めてみてください」と答えます。



ところが・・・

 


始めて半年の間に、様々な問題が現れました。

 

筋力が足りない!

f:id:wakaru-web:20200902183758j:plain pixabay


走り出すと、足のどこかが痛い。

例えば、腿の裏側やアキレス腱の裏側あたりに、鈍い痛みが走ります

これは、始めてから3~4か月ごろまでよくありました。


走っているうちにだんだん痛みが取れていって、最後には痛みはなくなるので、おそらく、血が巡ってきて痛みが消えるか、途中で痛みが麻痺してくるのでしょう。

 

痛みの原因は、おそらく筋力不足だと思います。

何しろ、ウォーキングも軽い筋トレも何も準備せずに、いきなり走り始めたのですから、全くなまった体をいきなり動かしたわけです。

 

季節による気温の違いも、足の痛みと関係があると思います。

手がかじかむぐらいの寒い時期には、なかなか体にエンジンがかからず、ほぐれません。

まだ固い状態の体をギシギシいわせて走っているうちに、次第に温まって痛みも薄れてくる、という感じです。


継続して走っている間に多少は筋力がアップしたのか、筋力不足からくると思われる痛みは、徐々になくなってきました。


そしてお次にやって来たのは、足のマメ問題です (^^;)

 

血マメができて、シューズが破れた!

両足にマメができました。

いつのまにか、母趾球(ぼしきゅう)、つまり足の親指の付け根の丸っこいところの内側に、マメができたのです。

図で説明しましょう。

 

f:id:wakaru-web:20200902151123p:plain



マメは、走っているときに痛みはありません。

後になって足の裏を見ると、できているのです。

その後、マメはどんどん成長してきました。


そして、それとは別に、足の人差し指に血マメができてきました。

これも、走行中は痛くないので、後になって気付きました。


このように、走り始めて4か月ごろに、いろいろな症状が出てきました。

走行距離が8~10kmに定着してきたころです。


さらに、マメ、血マメと並行して、シューズの側面が切れてきました

切れたというより、側面の布地に裂けたような筋が入ってきたのです。

写真をご覧ください。

 

f:id:wakaru-web:20200902143921j:plain


ちょっと見づらいかもしれませんが、赤丸の中に、亀裂が走っています。

まだ、履き始めて4か月ぐらいしか経っていないのに・・・。

近所のスーパー(サミット)の2階にある靴屋(スポーツ専門店ではない)で買った、5,700円ぐらいのシューズです。


「やっぱり、毎日走っているとシューズもすぐ痛むのかな・・・」

そんな風に思ってましたが、周囲の人に聞いてみると、どうも4か月で切れ始めるのは早すぎるようです。


「(シューズが切れるの)ちょっと早すぎるのではないでしょうか?僕は1年はもちますよ」

以前の記事に登場したけんさん (id:academij) は言いました。


「いやあ、そこまで走りこんでいるんだったら、もっといいシューズ履きましょうよ!体悪くしますよ!

それに、(マメができるのは)シューズが足に合ってないかもしれません!専門店で買いましょう!」

これも以前登場した運動指導研究家のサミー先生 (id:sammy21) は言いました。


え?そうなの?

マメができるのは、シューズが足に合ってないからなの?

今履いているシューズは(走る距離・頻度に対して)安いの?

もっといいシューズを履かなければ、体を悪くするの!?


とうやら、マメ、血マメなどの原因は、ただ10kmという距離を走っているからではないようでした。

4か月程度でシューズが切れてくるのも、どうもおかしいようです・・・

おそらく、以下のことが原因と思われました。

  • シューズが足(や、走るボリューム)に合っていない
  • シューズの履き方が違う
  • 走り方がおかしい

まず、シューズ問題から解決しようと思いました。 

 

ようやくスポーツ専門店でシューズを買う

ジョギングを始めて4か月後(= 10km走るようになって)、ようやくスポーツ専門店にシューズを買いに行きました (≧▽≦)

B&D 渋谷店(東京都渋谷区)です。


平日の午前中だったためか、そしてコロナ禍の影響もあってか、店は空いていましたので、店員さんにじっくりと話を聞くことができました。

 

そもそも、「1kmを5分以上で走る場合と、4分以内で走る場合とではシューズの形態が違う」なんてことも、初めて知りました。

僕のジョギングのスピードは、時速8kmです。

1kmを7分10~30秒ぐらいで走るので、「セイフティー」というタイプのシューズを勧められ、いくつか試してみて、ミズノ WAVE SKYRISE というシューズを買いました。
これです↓


 

 

履いてみると、軽い、柔らかい、ソールがしっかりしている、という感触でした。

やっぱり、ちゃんと足のサイズを測って、アドバイスをもらってから買うと違うんだなあ、と思いました (〃▽〃)

 

走り始めのころの問題、継続時の問題

f:id:wakaru-web:20200903112222j:plainpixabay


このように、毎日走っていると、体調や道具にいろいろな問題が生じてきます。


走り始めのころに僕は、

コスチュームも技術も、最初はどうでもいいんです。有り合わせのものでいいのです。」

「まずやり始めてしまう。それから考えるのです」

と書きました。


確かに、何か行動を始めるときにはそれでよいと信じています。

それぐらい思い切って飛び出さないと、日常のルーチンから、そして「余計なことをしたくない」という自分の精神的な重力圏から、抜け出せないからです。


何事も、新しく行うことはそうかも知れません。


しかし、継続する段階になってくると、その勢いだけでは通用しませんでした。

続けてみて初めて見えてくる問題が、あったのです。

 

黒爪と呼ばれる爪下血腫(そうかけっしゅ)に!

f:id:wakaru-web:20200902185651j:plain

 

新たなシューズにしてから、これまであったマメは、みるみる無くなっていきました。

血マメも消えかけています。

やっぱり、シューズって大事なんだなあ!

 

ところが、ほどなくして、新たな問題が発生しました。


マメがなくなったかわりに、足の人差し指が内出血を起こしたようで、爪の中が黒くなってきたのです。


なんだこれは?

爪の中が黒くなっている。

不気味だなあ・・・

 

これもやはり、走行中に痛みはありません。

ネットで情報を見てみると、どうやら
爪下血腫(そうかけっしゅ)という症状のようです。

 

f:id:wakaru-web:20200905075700p:plain


読んでみると・・・

走っていて足の爪が過度に圧迫されると、爪の下に内出血が起きて爪が黒く見えます。

ひどくなると、爪が剥がれ落ちることもあります。

 

つ、爪が剥がれ落ちる!?


走り始めは大丈夫ですが、長距離を走ると出ることがある症状のようです。

果たして「10km」が長距離に入るのかどうかわかりませんが、僕の爪の症状はその通りなのです。


爪下血腫になった方のページもありました。
とても分かりやすく対応策も書いてあるので、紹介させていただきます。


こちら、tsutachi.coさんです。

繰り返す「爪下血腫(いわゆる黒爪)」対策。ジョギングシューズ シューレースの締め方を変えてみた | tsutachi.co

このページから、抜粋・引用させていただきます。

(前略)

治療という治療はしていません。
というより、爪の内部が出血しているので、「外側からなにか治療をする」という感じではありません。


仕方ないので放っておくのですが、数日たつと痛みもなくなります。
同時に徐々に爪の内出血が黒くなり、そのうち爪自体が少しずつ浮いてきて、ある日、下の爪が育ってきたころに上の爪はぽろりと取れる。
というのを繰り返しています。


古い爪が取れるまでには、大体半年~1年くらいの時間がかかります。
その間はひたすら黒爪とともに走るしかありません。

(後略)

 

爪がぽろりと取れる!!

ギャーッ!!ギャーッ!ギャーッ!ギャーッ!・・・
(エコー)


お、恐ろしい・・・(゚д゚;)


自分も、そういう状態になってしまったのか?

もっとも、このページの方も僕も、さして激しい痛みは感じないのです。

もし激痛で走れないのであればジョギングは中止するのですが、そうではありません。


走れてしまうのです。


そうして続けているうちに、僕の場合も少しずつ爪に黒い部分が広がって、悪化したきたようです


※自分の指を撮影したのですが、ちょっと掲載は見合わせます (^-^;)

 

爪下血腫(そうかけっしゅ)の対策

他のページをいろいろ見てみると、以下のような見解が多いです。

 

【爪下血腫の原因】

  • シューズのサイズが合ってない。
  • 疲れてくると、地面に引っかからないよう無意識に足指を反らせることでアッパーに擦れてしまう。
  • 浮指(うきゆび)」になっている。
  • あるいは、逆に地面を踏みしめようとして、指先がソールに当たってしまう。
  • 指同士が擦れてしまう。
  • そもそも、靴の履き方が悪い。紐のかけ方などで、しっかり靴を締めておらず、足がシューズの中で動いてしまう。
  • 体幹の姿勢が保てていないと、指で踏ん張って姿勢を保とうとしてしまう。そうすると、指に負担がかかりすぎる。
  • 爪を伸ばしすぎている。

つまり、シューズ、履き方、走り方、爪の状態など、様々な要因が考えられ、またそれらが複合的に絡んでくる可能性もありえる、ということのようです。


そして、いろいろなページで集めた情報をまとめると、爪下血腫の対策として考えられるのは、以下のようなことです。


【爪下血腫の対策】

  • 普通履く靴よりも、1サイズ大きな靴を履く
    ※ただし、これには異論があり、できるだけピッタリフィットして、つま先の前の余裕はギリギリの方が良いという意見の人もいました。
  • 靴ひもをしっかり締めて、足が遊ばないように(無駄に動かないように)する。
  • 5本指ソックスを履いて、指同士が擦れないようにする。
  • 体幹の姿勢を保持するために、疲れた後半にこそ体幹とお尻を意識した走りを心がける

 

f:id:wakaru-web:20200902184614j:plain

 

僕は、おそらくシューズが原因の可能性は低いので(足のサイズを測って買ったので)、以下3つのことに注意してみました。

  • 5本指ソックスを履く。
  • 紐をしっかり締める。
  • 最後まで、体幹の姿勢を意識した走りを心がける。

 

これらに気を付けて1~2週間ほど走った結果、爪の黒い部分が進行しなくなったように見えます。

また、(雨などで)1日でもジョギングを休むと、爪の悪化が止まって、少しずつ爪の色が回復してくるようにも見えます。

 つまり、たまには休むのも必要ということですね。

 

ジョギング開始6か月目のまとめ

f:id:wakaru-web:20200902190006j:plain


この半年間で、ジョギングが、周囲の環境にも自分の体にも耳を傾けて、微妙なところも調整して続けていく必要があることを知りました。


体も気持ちも、両方において
です。


紐の結び方ひとつ、ほんのわずかな違いであっても、8km、10kmと走っていると、体への影響は大きいものになります。

季節の変化、気候の変化も敏感に感じ取りながら、注意深く、そして楽しく走りを続けたいと思います。


どうやら、最初の勢いだけのフェーズは終わっていて、今は次の段階を歩んでいるように思います (^-^)

 


この後、「ジョギング時の衝撃事件!」や「ジョギング時のマインド」などを書く予定でしたが、ことのほか長くなってしまったので、また別の記事に書くことにします!

 

 

ではまた次回!

 

当記事は、以下のサイトから抜粋・引用しています

tsutachi.co
https://tsutachi.co/blog/2015/10/kurotsume-3/
 



この記事が面白かったり役立った場合には、スターやブックマークをお願いします!

 

 

「割れ窓理論」で荒廃を食い止める。犯罪防止やビジネスの立て直しに不可欠な意識改革はこれ

f:id:wakaru-web:20200801093339j:plain

 

空地の前でタクシー運転手がしたこと

僕はこれまで、7回にわたり引っ越しを経験しました。

いずれも東京23区内の引っ越しです。

7回にわたって物件を転々としたのですが、その中の一つに、古い団地のアパートがありました。


なんと、昭和40年(1965年)に建てられた、団地の中の一棟。

新築当時は最先端の建物だったのでしょうが、今ではエレベーター無しの5階建で上り下りがしんどいです。

鉄筋ですが、窓の建てつけも悪く、相当古びていました。

居住者は、新築当時に入ったと思われる人たちが多く、全体に高齢化していました。

※この記事執筆時点で、すでに10数年前に取り壊されています。


アパートの前には川が流れ、その周辺は広々としていました。

ただ、川といっても魚が泳ぐようなきれいな川ではなく、どぶ川に近いです。

広々といっても、有刺鉄線で囲われた空地や駐車場のある、ちょっと寂しい雰囲気の一角でした。

きっといつか再開発されて、きれいになるんだろうな。

そんなイメージのエリアでした。


さてその周辺では、車通りが少ないのをいいことに、タクシーがよく昼寝のために路上駐車していました。

川沿いや空地の横に車をとめて、昼寝するのです。

当然、駐車違反です。


それだけならまだよいのですが、運転手が、車中で食べたコンビニ弁当のカラやタバコの吸い殻などを、その空き地の脇に捨てていました。

ゴミ捨て場でも何でもない、普通の路上なのに、です。

すぐ横に(僕がいた)アパートがあって人が住んでいるのに、です。

一体何を考えているのか。

 

f:id:wakaru-web:20200731213504j:plainphotoAC


そして、さらなる事件は起こりました。

車から降りたタクシーの運ちゃんが、何とそこで小用を足しているではないですか。

真昼間に、大の大人が住宅地の路上で、堂々と小〇をしている!


近くには公園もあり、その公園にはトイレがあります。

タクシーの運転手なのだから、当然ながら、どこに車をとめやすいとか、どこに公園があるかぐらいは知っているはずです(僕は昔、宅配のバイトをしていたことがあるので、想像がつきます)。

なのに、すぐそばにある公衆便所ではなく、わざわざ道でしたのです。


僕は「おい!!」と叫ぼうとしました。

警察に通報しようかと思いました。

だって、自分が住んでいるアパートのすぐ横でされてるんですから、たまりません。

しかし運ちゃんは、あたりまえのことのように、すぐにタクシーに乗って行ってしまいました。


これは、一体どういうことなのか。

その運ちゃんが、「どこでもドア」ならぬ「どこでも便所人間」だったのか。

単に魔が差しただけだったのか。

いやいや、そんな態度ではなかった。

当然のような表情でそれを行っていた。


怒りと悲しみを乗り越えて考えたところ、僕は次の結論に達しました。

そこが「そうしてもよいと思われた場所」だったからです。

 

「割れ窓理論」とは何か

f:id:wakaru-web:20200731213903j:plainphotoAC


「割れ窓理論(ブロークン・ウィンドウ理論:Broken Windows Theory)」という考え方があります。

アメリカの犯罪学者であるジョージ・ケリングが考案した、次のような理論です。

  1. 建物の窓が壊れているのをそのまま放置すると、それが「誰もその地域に関心を払っていない」というサインになる。
  2. そして、ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が起きるようになる。
  3. 汚れてくるにつれ、次第に住民のモラルも低下して、地域の安全確保に協力しなくなり、それが環境を悪化させる。
  4. 最終的には、その周辺で犯罪が多発するようになる。


なんと・・・!

これ、思い当たることがありますよね?

その場所が汚いから、感覚がマヒしてくるのか。

感覚がマヒしているから、その場所が汚れるのか。

どちらが先かはわかりませんが、確かにそういうエリアはあると思ます。


そして、僕の住んでいたアパートの隣の空き地の前の道が、きっとそうだったのです。

そこは、もともとゴミが溜まっていたわけでも、道が崩壊していたわけでもありません。

普通の道です。

しかし、どぶ川の横有刺鉄線や人気のない雰囲気ガランとした空間、そして古い団地アパート

そうした総合的な状況が、きっと何らかのサインになっていたのでしょう。

ここにゴミ捨ててもいいよ、小〇してもいいよ!」と。

 

普通の場所が「ゴミ捨て場」になってくるプロセス

f:id:wakaru-web:20200731214752j:plain
photoAC

 
よく、森の中や雑木林、空き地などに、違法に粗大ごみが捨てられていることがありますよね。

そこは、最初から汚れた場所ではく、最初はただの雑木林や空き地だったはずです。

そこにあるとき、フックになるゴミが投げ入れられたのに違いないのです。

もちろん、最初に捨てた人にそんな意図はないでしょう。


しかし、その最初のゴミを見た別の人が、「あ、ここは捨てていいんだな」という感覚になって、ゴミを捨てる。

またそれを見た人が「あ、ゴミ捨て場だ」と思って、ゴミを捨てていく。

やがて、粗大ごみの処理に困った人が「あ、あそこの空き地に捨ててこよう」と思って、わざわざその空き地に粗大ゴミを捨てに行く。

 
そういう流れは、想像に難くありません。

 

軽微な状態からしっかり片付けていく

「割れ窓理論」は、荒廃せずによい環境を維持させるため、あるいは無法地帯となってしまった場所を改善するための考え方です。

具体的には、次のような措置です。

  • ゴミはきちんと分類して捨てるなど、一見無害に見えたり軽微な秩序違反であっても、取り締まる
  • 警察によるパトロールや交通違反の取り締まりを強化していく。
  • 地域の人々も警察に協力し、秩序の維持に努める

 

これを見ると、そのエリアが犯罪エリアになる過程と、それを予防・改善する過程に、共通して言えることがあります。

それは、「地域の人々の意識」です。

地域の人たちが関心を示さなくなってきて、荒廃していく。地域の人たちのモラル自体も低下してくる。


普段ちゃんと掃除をする人であっても

「汚い場所では気を使わなくなる」

「汚い場所に慣れていってしまう」

「関心を失っていく」

とすれば、おそらく、

その場所の状況に人間が影響されてしまっていますよね。

広い意味で、「順応してしまう」ということでしょうか。


場所が汚れる→人の関心が薄れる→さらに汚れる、の悪循環です。

 

「割れ窓理論」で犯罪の抑制に成功

f:id:wakaru-web:20200731215639j:plainpixabay


「割れ窓理論」を用いて、犯罪の抑制に成功した例が、国内外にあります。


1994年に、アメリカのニューヨークのルドルフ・ジュリアーニ市長が「割れ窓理論」を応用した対策にのり出しました。

ニューヨーク市内の落書きや違法駐車など、軽犯罪を徹底的に取り締まったそうです。

すると、5年間で犯罪の認知件数が、殺人が67.5%、強盗が54.2%、婦女暴行が27.4%減少して、治安が回復したそうです。


驚くべき効果です。


こうしたことは、日本でも行われています。

2001年に、札幌中央署が「割れ窓理論」を「違反駐車」に置き換えて、「すすきの環境浄化総合対策」として犯罪対策を行ないました。

北海道内最大の歓楽街である「すすきの」で、駐車違反を徹底的に取り締まったのです。

すると、路上駐車が対策前に比べて3分の1以下に減少し、同時に地域ボランティアとの協力による街頭パトロールなどの強化によって、

2年間で犯罪を15%減少させることができたということです。

この後、全国各地の警察署からヒアリングなどが活発化したそうです。


いずれのケースも

「ここは汚い場所ではない」

「違法駐車してよい場所ではない」

「軽犯罪であっても、許される場所ではない」

という強い意識が、人々に浸透したのでしょう。

 

スティーブ・ジョブズも応用していた「割れ窓理論」

f:id:wakaru-web:20200731222817j:plainpixabay


「割れ窓理論」は、ビジネスでも応用されてきたようです。


ディズニーランドやディズニーシーです。

敷地内のささいな傷もおろそかにせずに、ペンキを塗り直し、壊れた箇所の修繕を頻繁に行うことが、徹底されているようです。

これによって、従業員のマナーもゲストのマナーも向上させることに成功している、と言われています。

 

日本電産の永守社長は言います。

儲かっていない会社にはいくつか共通点があるのです。

一つは社員の士気が落ちています。

会社の士気が落ちていると当然工場は汚いですよ。事務所も汚い。

電話の応対がいいかげん。マナーがなっていない。

つまり6Sができていないのです」

※6Sとは、整理、整頓、清潔、清掃、作法、躾の6つのS。



そして、かのスティーブ・ジョブズも「割れ窓理論」を利用したようです。

スティーブ・ジョブズがアップルの改革でまず対処したことは、社内の空気を一新することだったそうです。

彼が復活する前のアップル社内は、遅刻があたりまえになっていたり、社内にペットを持ち込んで犬と遊んでいる社員までいたという始末。

ペットの持ち込みを禁止するなどを初めとして、ジョブズは仕事環境を徹底的に変えていったそうです。

そうしたことによって、社員たちの意識を変えたのです。

 

自分のデスクに目を向ける

f:id:wakaru-web:20200801095602j:plainphotoAC


思えばこれは、小さなところでは、自分の部屋やデスクにも言えることですね。


いつまでも置きっぱなしの書類があったり、読むことのない本がただ飾ってあるだけ(デッドスペース)、PCの裏側で綿ぼこりが成長する (^^;)、キーボードは打つ場所以外埃が定着していく・・・。

書き出したらキリがないほど、荒廃した風景です(はい、僕の部屋およびデスクです:涙)。


これでは、いいアイデアは浮かびません。

仕事がはかどるはずがありません。

もちろん、何もかもきっちり考え過ぎては、苦しくなってしまうでしょう。

しかし、そこが仕事場であるならば、最低限やるべきことはあるはずです!(自分に言っています ( ;∀;) )


僕はまず、自分の部屋の中で軽犯罪が発生しないように、つまり、部屋の汚れとともに自分の心が荒廃してしまわないように、ちょっと取り締まってみることにします。

はい、自分をです (^^;)

 

 

ではまた次回!

 

 

当記事は、以下のサイトから 抜粋・引用・加工しています
Wikipedia(割れ窓理論)
https://bit.ly/3fjKzNI
刑事告訴・告発支援センター
http://www.xn--4rra073xdrq.com/r_ware.html
NAVERまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2142963921231838201

 



この記事が面白かったり役立った場合には、スターやブックマークをお願いします!

 

 

三日坊主がジョギング始めて、3か月後に12km完走!スロージョギングやLSD(ロング・スロー・ディスタンス)とは

f:id:wakaru-web:20200608103551j:plain

いきなり走り出した日

その日僕は

スウェットの上下と、ごく適当な運動靴といういでたちで、世田谷区「砧(きぬた)公園」のサイクリングコースに立っていました。

1周が1.7km。

そのコースは、自転車の周回コースであるとともに、ジョギングコースでもあります。


僕は初めて、ジョギングをしにやって来たのです。


よし、まず、あの松の木のカーブまで走ろう。
そしてカーブに着いたら、一度休もう。


あそこまで100mくらいかな。


なにしろ、何年も走ってないからな・・・いや、何十年もか。 
自分は50代のオッサンだ (^^;)・・・油断しないでいこう。
まあでも、短い距離なら少しぐらいは走れるだろう。


行くぞ・・・
よーい、スタート!!


僕は、いきなり走り出しました。
体が重い!足腰がガタガタする!
ハー!ハー!ゼー!ゼー!


息が切れて、足腰よりも先に心肺が悲鳴を上げました。
ゆっくり走っているつもりなのに。
だめだ!苦しい!


思わず止まって前を見ると、目標の松の木はまだ先です。
スタートしてから、ほんの15秒ぐらい?
50mぐらいしか進んでいません。


苦しくて続かない。
僕は諦めて、歩き始めました。


ハー!ハー!ハー!
いつまでたっても荒い息が収まらない。
コースの距離が、急に10倍くらいに感じられました・・・


--------------------------------------------

それから、3か月後。

--------------------------------------------


コンプレッションウェアのTシャツと、短パンに身を包んだ僕は、

左腕にはめたアームバンドのスマートフォンを90度回転させて

Nikeのランニング距離GPS測定記録アプリをタップします。


アプリがカウントを開始します。
3・・・2・・・1・・・スタート!
僕は、ゆっくり走り始めます。


5月の朝5:30。

朝もやと、鳥の声。
木々の間から、キラキラと差し込む朝日。

甘い木のにおい、土のにおい、朝露に濡れた草。
湿ったアスファルトの道を、ゆっくりと走ります。


ちょっと眠いけど、徐々に体にエンジンがかかってきます。
橋を渡り、東名高速の脇を走り、木々の生い茂った砧(きぬた)公園の外周を走ります。


そろそろ7kmぐらい走ったか。
スマホの測定記録アプリを見ると、7.32km。


このまま8kmで終わるか、それとも今日は初めて12kmまで行ってみるか。
まあ、後で調子を見て決めればいいや。
ともかく、この気持ちいい走りを、もう少し続けよう・・・


そうです。

これは、50mのジョギングでへばったオッサンである、僕そのものです。
あれから3か月、ずっとジョギングを続けていたのです。


仕事や、よほど重要なことでない限り、すぐに飽きてしまう、つまり三日坊主のこの僕が、3ヵ月間、雨の日や休足日(※)以外毎日ジョギングを続けてきたんです。

※休足日:走りの休日がそう呼ばれているようです。


そしていつの間にか、50mどころか、12kmという距離を走っていました。
12kmというと、僕のペースでは1時間30分走り続ける状態です。
たった15秒のジョギングが、1時間30分に伸びたのです。

 

 

 

座りっぱなしのIT土方、その生活の危険性

f:id:wakaru-web:20200607205127j:plainphotoAC


僕がジョギングを始めたのには、理由がありました。


コロナ禍での、リモートワーク、テレワーク、在宅ワークの影響!
・・・というわけではなく、もっと以前からの個人的な理由です。


僕は、ここ10年以上テレワークをやっていますが、大きな悩みの一つとして「運動不足」がありました。

朝から晩まで、座りっぱなしでパソコンにはり付いている、いわゆる「IT土方」。

週に1回か2回、ジムに行くこともありますが、1日の大半を座り仕事で過ごしています。

 

この生活は非常に体にこたえます。


極限に代謝が悪くなり、肩や背中、関節が凝ります。
かつて、五十肩になったこともあります。
いや、それどころか、長時間の座り仕事は寿命を削るという研究結果も出ているようです。


また何よりもまずいのは、体のだるさから精神的な停滞に陥ることです。
つまり、やる気がダウンすること、エネルギーがダウンすることです。

人間は、体調と精神が結びついていますから、特に仕事では、これが一番恐ろしいのです。


体がだるくなって気力が落ちてくると、集中力が途切れてボーっとし、気付いたら仕事と関係ないネット動画を見ている・・・。


やばい、これではいけない!


いてもたってもいられなくなり、何の準備も覚悟もなく、ウチから徒歩7分の所にある砧公園に、いきなり出かけたのです。

そのときの顛末は、こちらをご覧ください↓

www.wakaru-log.com


そして冒頭の通り、最初は50mも走れず、すぐに息が上がって歩いてしまいます。

昔、25年以上にわたって喫煙者だったことも、心肺機能に影響しているかもしれません。


少し走ってはゼーゼー!
しばらく歩く。
そしてまた走る。
これの繰り返しです。


しかし同時に、これが、
たったこれだけの、走りとも歩きともいえない動きが、実はとても気持ちよかったのです!


思い通りに走れないけど、苦しいけれど、でも気持ちいい。


始めは、1.7kmの周回コースを1回だけ「歩き + 走り」で回りました。
それだけで、翌日は筋肉痛になりました(笑)。
よほど体力が落ちていたのでしょう。


そのまま痛がりながら、その次の日も、さらにその次の日も、「歩き + 走り」を続けました。

歩きと走りを混ぜているので、自分で勝手に「ジョグウォーク」と呼んでいました。

 

走りの先駆者がいた

f:id:wakaru-web:20200607210505j:plainphotoAC


僕には、ジョギングの目標になる人がいます。

けんさん (id:academij) です。

彼は、ビジネスの面でも大変お世話になっている方ですが、ジョギングはこの道何年のベテランさんです。

例えば、地方出張の際にも旅先でコースを策定して、早朝に7km~14kmなどの距離を走っている人です。
https://www.6aca.net/entry/osaka-sakura

別荘で余暇を過ごすときでさえ、別荘の近所を走ります。
https://www.6aca.net/entry/kusatsu-jogging-map


彼のジョギングの話を都度聞いてきた僕は、いつか自分も走れたらなあ、と思っていたわけです。

しかし、「走れたらなあ」では、走らないんです。

人間は・・・いや僕は、そんな弱い動機では動けません (^^;)

心臓を貫くような、とどめをさすような強い動機がないと(笑)、石のように重い腰を上げることはできないのです。


今回、とどめは
このままだと、走らないで人生が終わる
と思ったことです。


そうです。


何事も、いったん後回しにすると、二度と手を付けることはない。

そのうち、思い立ったことも忘れてしまい、アイデアは埃をかぶり、棚の奥深くで永遠に眠ることになります。

そうしたことが、年齢を重ねるにつれて、より強い実感になっていたのです。


僕にとっては、不健康な状態が続くこと、そして体調によってモチベーションが左右されることに、もうこれ以上のんびり待っている暇がなかったのです。


考えていてはいけない!
行くしかない!


そうして、公園に飛び出したわけです。

 

三日坊主の自分が、なぜジョギングを続けられるのか

f:id:wakaru-web:20200607211908j:plain


しかしそれでも、まさか自分がジョギングを続けるとは、思っていませんでした(笑)

走り出した時、これが続くとは、これっぽっちも思っていなかった。

その理由は、僕が「三日坊主」だからです (^^;)

 

継続する、習慣化するということが、自分は苦手だと思っていたのです。


仕事の場合は別ですが、やってもやらなくても良いこと、そして多少負荷がかかるようなことは、よほど必要に迫られない限り、続きません。


なぜなら、やめても誰も困らないからです。


「ジョギング、続けてるの?」
「あ、ジョギング?
うん、ちょっと腰痛めちゃって、しばらく中止にしてるんだ」

などと、どうにでも言い訳できる世界です。別に腰など痛めていなくても。


だから続きません。


ところが意外にも、今回のジョギングは続いています。

いや、続いているどころか、想定外の長い距離を走っていて、さらに、距離は少しずつ伸びています


 つまり進化しているのです。


これは何故なのか?
自分なりに考えた理由は、以下の点です。

 

1.走るのが気持ちいいから

とにかく、公園周辺を走ることが気持ちいい。

勝手な分析としては、木や草の匂いをかぐことで自然に触れて癒しや活性化になり、セロトニンが分泌されている。

セロトニンとは、継続的な運動や日光を浴びることで分泌され、精神の安定や頭の回転、直観力を上げ、やる気や幸福感につながる「幸せホルモン」であると言われています。

参照:医療法人社団 平成医会

これらの効能からなのか、早朝に走ること、木々の間にいることが、非常に快感なのです。

気持ちいいことは、自然と続きますよね。

 

2.達成感があるから

50mが100mに、500mが1kmにという具合に、あるいは、今週は3日走った、4日走ったという具合に、少しずつ走行距離や回数が伸びていくこと。

それらが、自分にとって達成感になるのです。

達成感になると、脳は喜んで、もっとやろうとします。
これは、以下の記事で書きました。

www.wakaru-log.com

 

3.目標とする人がいるから

前述のけんさんや、後述のサミーさんなど、同じように走っている近しい人がいることは、大きな要因です。

実際に一緒に走っているわけではありませんが、自分の目標となり、励みになります。

彼らの存在が、「負けるもんか」という気力も起こしてくれます。

また、先駆者がいるとき、人は「そこまではできるのだ」という意識をもってのぞめるのです。

これは以下の記事で書きました。

www.wakaru-log.com

 

4.習慣になったから

体にとっては、これが一番大きい理由かもしれません。

ジョギングのため朝4:45ごろに起きるのですが、目覚ましをかけていても、目覚ましが鳴る前に目が覚めます。

眠い目をこすりつつも、体はすぐに運動の体制に向かいます。
神経が目覚めて、無意識のうちに走る準備を始めています。


つまり、ジョギングが習慣化しているのです。


この習慣化は、意外にも始めてからほんの2~3日でついてしまいました
自分にとって非常に意外なことでしたが、おそらく、走るのが気持ち良いからだと思います。

再び快感を得たいがために、脳と体がすぐさま習慣化してしまった、というわけです。


そしてこの「習慣化」が、普段の作業にも非常に良い影響を与えています

 

5.継続することの価値が、身に染みてわかっていたから

特にここ数年のことでしょうか。

ビジネスでも普段の生活でも、思い込んだら継続することの価値を、僕はようやく身をもって理解してきました。


逆に言えば、継続できないから結果も出せなかった、いつの間にか消滅して何も残らなかった、というケースを数知れず見てきました。

もちろん、自分の行動においてです。

だから、一つのことが実を結ぶための継続がいかに大事か、走りながら感じていたのです。


ジョギングの習慣は、結果的に人生の財産になっています。

 

プロのアドバイスを聞く

f:id:wakaru-web:20200607211616j:plain


ところで、走っているとき、足が痛い、体が痛い、ということもよくあります。
筋肉痛のこともあれば、原因不明の痛み(おそらく疲労など)の場合もあります。


そんな時、僕は専門家に相談してみました。
運動指導研究家のサミー先生 (id:sammy21) です。


この方は、ジョギング中の痛みについての対処法を、教えてくれました。

痛みがあれば、無理せずに歩いたり休んだりすること、ストレッチや筋トレをよくして、筋力アップすることが大事、というアドバイスをいただきました。

「せっかく走りたいと思っているのに、小さなことでやめてしまうのは惜しい。不調があったとしても、それとうまく付き合って続けていきましょう」

木を見て森を見ず、にならないようにしましょう」

これが、彼の考え方です。


サミー先生には、Zoomミーティングのライブ映像でストレッチや筋トレの方法などを教えていただき、その調整方法を今でも僕は続けています。


彼の理論と実践から導き出した、初心者のためのマラソン指導プログラムはこちらです。
「はじめてのマラソン完走プロジェクト!」


また、マラソンのことだけではなく、運動全般のことで質問相談を受け付けているようですので、興味がある方は問い合わせてみてください。

僕の場合もそうでしたが、親身になって答えてくれると思います。
sammyacad★gmail.com
※「★」を「@」に置き換えて下さい


じゃあ、ジョギングを勧めるの?

ここまで読んでいただいた方の中には、「じゃあ、あなたはジョギングを勧めるの?」と思う方がいるかもしれません。


「そんなにいいのなら、自分もやってみようかな」と。

はい、あなたにズバリ言います。


すごくいいので、やってみてください。


ウォーキングから始めても、もちろんOKです。

ただし、僕が思うに「気持ちいいところまでを続ける」ことが大事です。

最初から無理をして、張り切りすぎて体を痛めたり、苦しさだけしか残らないようなやり方では、なかなか続かないでしょう。


サミー先生からは、こう教えていただきました。
「長くゆっくり走るのがいいんですよ」

 

「スロー ジョギング」や「LSD(ロング・スロー・ディスタンス)」とは?

これは、「スロー ジョギング」や「LSD」という考え方に通じているようです。


LSD(エルエスディー)とは、サイケデリックな幻覚作用のある、1960年代にビートルズもやっていたことのある薬物で、それによって名曲を生み出したこともあるとされているものですが、その薬物のこととは違います (^^;)

(ビートルズは大好きです)


ここでいうLSDとは、
Long Slow Distance(ロング・スロー・ディスタンス)
で、ランニングやサイクリングにおける、有酸素持久力トレーニングの形態のことです。


「Long=長く」「Slow=ゆっくり」「Distance=距離」です。


スピードを上げて走るよりも、ゆっくりと長い距離を走ることで、体に様々な良い影響がもたらされる、というトレーニング方法のことです。

参照:Wikipedia


実際、僕は初め、けっこうスピードを出して走っていました。
無意識に「距離を伸ばしたい」と思って、気が急いていたのかもしれません。


しかし、そもそも始めたばかりの素人ですので、技術も体力もありません。
すぐに疲れてしまって、3kmぐらいでへばっていました。


そこで、サミー先生の言う通りにゆっくり走る方法に切り替えたら、余計な負担が消えて、次第に距離が伸びてきたのです。

もちろん、続けるうちに自分の体力もついてきたのでしょう。

 

ジョギングのメリット、デメリット

f:id:wakaru-web:20200608084735j:plain


僕が今走る速度は、時速8km

1kmを7分30秒前後で走ります。

「歩くよりちょっと早い」ぐらいの印象です。

実際に、歩いている人を追い越そうとしても、なかなか距離が縮まりません(笑)


「ジョギング」というイメージから想像すると、かなりゆっくりなペースかもしれませんが、サミー先生によると、このスピードはジョギングとしてそんなにスローペースではないそうです。


スピードを変えると(例えば、ちょっと速くすると)、慣れない場合には、10kmも走ったときに筋肉痛になったり、故障が起きたりすることもあり得るとのこと。

やはり、1時間休みなく運動を続けるわけですから、少しの負荷の差でも、体への負担が大きく増えるのだと思います。


ですから、僕は「LSD」で続けています。
あなたにも「LSD」をお勧めします。
長くゆっくり走るのです。


苦しくなったら休み、歩いて、また走り、気持ちいいところまでを持続する。

そしてまた翌日も、気持ちよく走る。

こうすれば、精神的にとても良い循環が表れると思います。


精神論ばかりではなく、実際に体内の循環が良くなったのは、言うまでもありません。

ジョギング前に比べて、体の調子は格段に良くなりました


僕が体験しているメリット、デメリットを挙げてみます。
※計測などしたわけではなく、主に個人的な感想です。

【メリット】

  • 体内の循環、代謝が明らかによくなった。体の調子が全体的に上がり、シャキッとする。
  • 足腰が軽くなった、足腰の筋力が上がった。
  • 日光や継続的運動によってセロトニンが分泌され(※想像)、多幸感、覚醒感などが得られる
  • 免疫力が高まると言われている(コロナ感染予防に重要だと思います)。
  • 背筋が伸びるようになった(背を伸ばして走る姿勢に矯正効果があるためか)。
  • 心肺機能が向上した(普段の呼吸も楽になった)。
  • 体重が減った。(僕の場合ですが)3か月で3kg減って、お腹が少しへっこんできました。※当然個人差があると思います。
  • (継続した場合)季節の変化を感じ取れる。五感が冴える
  • 朝走ると、その日1日の良いスタートが切れる。生活にメリハリがつく
  • だらだら続く毎日ではなく、1日1日をしっかり過ごせる
  • ウェアやシューズ代など以外は、トレーニングとしてお金がかからない


【デメリット】

  • 1~2時間の時間を要する
    忙しい時には、走る時間帯を変える、距離を短くする、ジョギングを休みにするなどの対応が必要(しかし、どんなトレーニングにも時間は必要です)。
  • 汗をかくと洗濯物が増える(何の運動でも同じことですね:笑)。

※つまり、デメリットはあまり思いつきません (^^)


【その他の特徴】

  • 天気に敏感になる(走れるかどうかを気にするようになります:笑)


まあ一言で言うと、メリットばかりです。

 

しかし、ダイエットの観点から言うと、ただむやみに体重減少を目指すのではなく、しっかりと筋肉を付けていくことが結果的に燃焼しやすい体につながるため、大事なようです。


まずやり始める。細かいことは後から考える。

f:id:wakaru-web:20200607212855j:plainpixabay


ジョギングを始めて、そして継続して、僕は体調の改善以外にも大きな財産を得ました。

それは、「まずやってみる」という行動の効果です。


考えていても結局は取り組まない、時間だけが過ぎていくということは、一般によくあると思います。

現に僕は、「走れたらいいなあ」と思っているだけで何もせず、4年近くが過ぎ去りました (^^;)


失われた時間、そして情熱が、戻ってくることはありません。
だから、まずスタートするのです。


極論をいえば、コスチュームも技術も、最初はどうでもいいんです。
有り合わせのものでいいのです。
我流でいいのです。


まずやり始めてしまう。それから考える。
どうしても自分に合わなかったら、やめればいいのです。


実際に、砧(きぬた)公園の周回コースには、たまにGパンと普通の靴で走っている人もいます。

きっとその人は、突然走りたくなったのでしょう。
だから走った。
それでよいのです。
格好などどうでもよいのです。


その行動力こそが、僕には必要でした。


考えている間に機を逃してしまう。
これは、ビジネスにも言えると思います。


ジョギングで得たエッセンスを、僕は少しでも普段の仕事や生活にも反映させるべく、日々トライしています。


「まずはやってしまう」というスタンスです。
これは、年齢に関係ありません。


ジョギングについては、もっと多くのことを書こうと思っていましたが、ことのほか長くなってしまったので、続編に持ち越します。

いつか続編が出たときにも、是非また読んでください!

 


ではまた次回!

 

 



【お知らせ】 

Kindle書籍を出版しました!

【初級者向け】ユーザーにクリックさせるキーワード満載のページタイトルの付け方! (わかるWeb)

【概要】 
「ページタイトルって重要なの?」
Webサイトを作るとき、ちょっと気になるけど、いつも適当に付けているページのタイトル。SEO対策でも重要だと言われるけど、いったいどういうページタイトルを付けたらいいの?

そんな初級者の方のための、かみ砕いたわかりやすい解説書です!
当書を読んだ後、あなたはすでに「ページタイトル名人」への一歩を踏み出しています。


【目次】
1.ページタイトルって何?
2.ユーザーが見るページタイトル
3.Googleが求めるページタイトル
4.表示されるページタイトルの文字数
5.では、どんなページタイトルをつければいいの?
6.クリックさせるタイトルとは?
7.ページタイトル付けは、慣れてきて研ぎ澄まされていく
8.疑問をそのままにせず、解決して先に進みましょう!


ご興味のある方は、是非ご購読ください!


 

この記事が面白かったり役立った場合には、スターやブックマークをお願いします!

 

 

新型コロナ感染予防。Yahoo! MAPの「混雑レーダー」で人混みを避けよ!

f:id:wakaru-web:20200418134744j:plain

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染を避けて

コロナ騒ぎは収まらず、いまだ感染は続いています。

非常事態宣言が発令され、外出自粛が要請され、学校が休校となり、幼稚園・保育所等も登園自粛の要請がなされています。

しかし、当記事執筆時点では、いっこうに収束の兆しは見えません


NHKの「特設サイト:新型コロナウィルス」では、逐一、都道府県別の感染者数をみることができます↓

www3.nhk.or.jp


感染者数が微妙に上がったり下がったりはしていますが、依然感染者は増えています

東京の街では、不要不急の外出を避けるはずなのに、ターミナル駅によっては以前の通りに人が溢れているようです。

この段階で、まだまだ会社や現場に行って仕事をしなければならない人も大勢いるのです


果たしてこれが、企業の責任の問題なのか、個人の意識の問題なのか、あるいは自営業者でどうしても自分自身が現場に行かなければならない立場なのか。

おそらく、様々な状況があることでしょう。


本当は家にいたいのに、いられない。

でも、この仕事(用事)だけは、出かけないといけない。

どうしても、街や人混みの中を移動しなければならない。

 

こうしたケースも多いでしょう。

そんなときに役立つかもしれないツールが、登場しました。

Yahoo! MAPの「混雑レーダー」です。

 

Yahoo! MAPの「混雑レーダー」が復活!

Yahoo! MAPの「混雑レーダー」は、Yahoo! MAP上で、エリアやターミナル駅周辺の混雑度を確認できる、いわば「人混み探知機」に近いものです。

「Yahoo! MAP」アプリ(iOS版、Android版)とウェブ版「Yahoo!地図」で機能します。

 

この機能は、実は以前提供されていて、2020年1月31日にいったん終了したそうなのですが、昨今のコロナ騒ぎの中、集団感染の危険がある混雑を避けるため、この機能の再開を望む声が多くなり、復活したようです。

  • 密閉空間
  • 密集場所
  • 密接場面

いわゆる「三密」を避けることにつながるかもしれません。

この機能は無料で利用できます。

 

「混雑レーダー」の仕組みは、位置情報の利用を許可しているデータをもとに算出された、「2時間前から26時間前まで」の混雑状況を、混雑度を色で表現するヒートマップとして見ることができます。

 
こんな感じです。

f:id:wakaru-web:20200418103927j:plain

 

 例えば、どうしても必要な仕事、医療機関への通院など、やむを得ない外出のときに

「混雑レーダー」でエリアやターミナル駅などの「昨日の同時間帯の混み具合」を見て今日を予測し、少しでも混雑を避けたルートを使ってみる。

2時間前の状況」を見て今を予測し、混雑を避けて移動してみる、などのように活用できそうです。

 

「混雑レーダー」(Yahoo! MAPアプリ)の使い方

まず、アプリでの使い方を解説します。

まず、まだ入れていない方は「Yahoo! MAPアプリ」を導入してください。

map.yahoo.co.jp


「Yahoo! MAPアプリ」を入れたら、アプリの右上の「地図選択ボタン」をタップします。

f:id:wakaru-web:20200418113732j:plain

 
そして、「安心・便利な地図情報」から「混雑レーダー」を選択します。

f:id:wakaru-web:20200418120720j:plain

 

再生ボタンをタップすると、26時間前から2時間前までの混雑状況をアニメーションで再生できます。

あるいは、スライダーを手動で動かしても、各時間帯の様子が再現することができます。

f:id:wakaru-web:20200418121253j:plain

画面をピンチアウト(広げるように2本の指を離していき、画面を拡大させる操作) で、画面を拡大することができます。

f:id:wakaru-web:20200418123229j:plain

特に見たいエリアを、ある程度クローズアップして見ることができるのです。

 

「混雑レーダー」(PC版・スマートフォンブラウザ版)の使い方

次に、ブラウザでの使い方です。

パソコン(PC)版「Yahoo!地図」での「混雑レーダー」の使い方

「Yahoo!地図」を開き、右上の「地図」ボタンをクリックし、

f:id:wakaru-web:20200418124823j:plain

 

 展開するダイアログボックスの「混雑レーダー」にチェックを入れます。

 

f:id:wakaru-web:20200418124942j:plain


すると、地図に「混雑レーダー」が反映されます。

 

f:id:wakaru-web:20200418125027j:plain


スマートフォンブラウザ版「Yahoo!地図」での「混雑レーダー」の使い方

左上のハンバーガーメニューをタップして「混雑レーダー」をタップします。

 

f:id:wakaru-web:20200418133315j:plain



f:id:wakaru-web:20200418130125j:plain

すると、地図に「混雑レーダー」が反映されます。

 

f:id:wakaru-web:20200418130316p:plain

 
※パソコン(PC)版やスマートフォンブラウザ版では、時間帯を行き来するスライダー機能は使えません。
※また、新しいYahoo!地図(ベータ版)では「混雑レーダー」は利用できないそうです。

 

まとめ

まだまだ収束の見えない新型コロナ感染。

昨年時点では、こんな生活になるとは、夢にも思っていなかったことでしょう。

これからも、未知の状況に対応していかなければならないかもしれません。


行政の対応に任せるだけではなく、自分が考えて必要な情報を集め、予防措置をとっていく必要が、もっともっと出てくるのではないでしょうか。

 

そんな中で、「混雑レーダー」は一つの便利なツールです。

ただ行き当たりばったりで動くより、人混みを確認しながらルートを考えることは、きっと感染予防につながるに違いありません。

 

この時期、決して油断せず、たくましく、なんとか生き抜いていきましょう!

 

 

当ページは、Yahoo!地図ブログ > 「Yahoo! MAP、エリアやターミナル駅周辺の混雑度を表示する「混雑レーダー」を再び提供」の内容を、参照・抜粋・加工しています(説明画像は独自に作成しています)。

map.yahoo.co.jp

 

 


ではまた次回!

 



この記事が面白かったり役立った場合には、スターやブックマークをお願いします!

 

話好きなガス点検員と危ないガス点検詐欺

f:id:wakaru-web:20200328211405j:plain

テレワークとゴーレム

僕はしばしば、自宅でテレワーク をします。


特にこのご時期、コロナ感染防止の影響もあり、コワーキングオフィスやカフェなど、外の施設の利用を控えているため、
ますます引きこもり気味になっています。


朝起きてから夜寝るまで、
まるっきり、まるっきり、まるっきり、

あ、すみません (^^;)

パソコンの前に釘付け、という日も多いです。


ここで問題が発生します。


一日中パソコンの前に座って作業すると、異常な運動不足になります。

はい、異常なほどです。

 

頭も胴も足も、ほぼ同じ姿勢で固まったまま、目と手だけがクルクルパチパチ動いています。

1日中やっていると、肩が凝り、次第に目がよく見えなくなってきて、

頭の中は「味噌ラーメン食べたい」など、仕事と無関係なことで埋め尽くされます。

 

体中がコチコチで、体内の血流も循環も止まってしまっています。

もうこのままだと石になって、やがてゴーレムになってしまいます。


※ゴーレム

ユダヤ教の伝承に登場する、自力で動く土や泥、石造りの人形。


右がゴーレム、左は誰だか不明

f:id:wakaru-web:20200328211957p:plain pixabay


ゴーレムにならないように、僕は運動不足の回避策として、ジョギングを始めました。


ジョギングするまでの顛末は、こちらをご覧ください。

www.wakaru-log.com

 

テレワーク中に訪れる人々

 

f:id:wakaru-web:20200328221113j:plainphotoAC


さて、自宅でテレワークをしていると、様々な人が訪れます。

一人で自宅にいるとき、作業に集中しているときにはピンポン鳴っても無視しますが、そうでないときには対応します。


訪問者というと、例えば・・・


宅急便、町内会の回覧板、聖書売り(本当に来たことあります)、近くでパン屋を始めたので是非来てくださいという訪問、そして、ガスの点検員などです。


先日、そのガスの定期点検の人が来ました。


40代半ばぐらいの男性です。

仮にこの人を「兄さん」と呼びましょう。


見た目はごく普通の点検作業員なのですが、この兄さん、

すごい話好きだったんです。

 

作業しながら話し続けるガス点検員

f:id:wakaru-web:20200328222111j:plainphotoAC


その日、僕は自宅で一人だったので、兄さんに対応しましました。

ガス点検は、最初に挨拶して後は任せ、最後にサインして終わりぐらいに思っていました。

しかし結局は、風呂場、キッチンなど、ちょこちょこと場所を案内して、兄さんに付き添って歩いている状態になりました。


僕は作業の途中ですので、「早く作業に戻りたい」と思って、最低限の会話で離れようとするのですが、

兄さん、なかなか離してくれません。

僕のことを離さずに話しています

 

ん?

 

いやとにかく、ずっとしゃべっているのです。

言葉を切って向こうに行こうとしている僕にかまわずに、ずっとしゃべり続ける。


もちろん、世間話ばかりをしているのではありません。

ガス器具の使い方、注意点などの話が中心なのですが、それがいつの間にか脱線してきて、


「この辺のお宅は古いおうちも多くてねえ、ガス器具も相当古くなっているんですよ」

「ネズミが線を噛み切って、コンロの火がつかないこともあるんだよね

「古い家を取り壊すと、そこにいたネズミが、いっせいに他に家に引っ越すんですよ」

 

あれ

タメ口?


この兄さんとは、別に友達になった覚えはないけど・・・。

途中、マブダチのような馴れ馴れしい口調も交えて、とにかく喋りまくるんです。

40代ぐらいなのに、まるで、久しぶりに町内会の寄り合いに来たお年寄りのように、しゃべりまくります。


※マブダチ

「マブ」いダチ。つまり特別に仲が良い友達のこと。沖縄の「ハブ」とは関係ありません。

終わらない兄さんの話

f:id:wakaru-web:20200328222544j:plainphotoAC


僕は想像しました。


ガス点検で各戸をまわるとき、住人に対していろいろ気を使うに違いない。

高齢の人のお宅では、半分お話相手になってあげることも必要かもしれない。


そうやってうまくコミュニケーションをとっていかないと、スムーズに作業できないことだってあるかもしれない。


ペラペラしゃべっていはいるけど、実は心の中には風が吹きすさんでいて、孤独な作業なのもしれないなあ。

兄さんから離れられないだけに、あれやこれや想像ばかり膨らませていました。


でもね兄さん、と僕は思います。


明らかに「会話を断ち切ろうオーラ」を出している僕のような人に対しては、長々としゃべってはいけないと思うよ。

僕はもう、仕事に戻りたいんだから。

 

さすがにその旨を口に出そうとしたとき、兄さんは、作業完了の電子サインの準備を始めました。

しゃべりながら準備しています (^^;)

僕の苦笑いをしたままの口元は、ゴーレムのように固まりつつありました。


※ゴーレム
ユダヤ教の伝承に登場する・・・あ、もういいですね


ところで、最後に兄さんはちょっと気になる話をしたのです。

 

ガス点検員を名乗る詐欺

f:id:wakaru-web:20200328225735j:plainphotoAC


「この前もあったんですよ」と、敬語に戻った兄さんは言いました。

それは、二人組で各戸を訪問する、ガス点検員の詐欺の話でした。


ガスの点検です」と名乗った二人組が、各戸を訪れるのだそうです。

(〇〇ガスです、とその地域の事業者名を名乗るそうです)


「これからガスの点検をします」と言って一人が説明を始めるのですが、後から思うと、もう一人の姿がいつの間にか消えていたらしいのです。


もう一人はどこへ行ったのか?

そうです。


家の外にある、給湯器の前です。

給湯器の前に行って、栓を半分閉める細工をしていたのです。


やがて説明している者と合流して、家に入り、キッチンへ行き、点検を行うがごとく、コンロを点火する。

すると、炎がよく出ない。

あたり前です、栓が半分閉まっているのですから。


ああ、これはもう古くなっているので炎がよく出ないのです。修理が必要ですね


そうして修理をするフリをして、その場で修理費用を支払わせるのです。

しかし、点検員が去った後も、なぜかコンロの炎はよく出ません。

そこで、本物の事業者に連絡がいって、僕のウチに来た「兄さん」がそのお宅を訪問したそうです。


兄さんは、このお宅に着くや否や、すぐに外の給湯器のところに行って確認したそうです。

案の定、栓が半分閉められたままでした。


栓を通常の状態に戻すと、コンロの火はこれまでの通り正常に出たというのです。

詐欺の二人組の行方は、もはやわかりません。

 

「公共機関」に対する無条件の信頼

f:id:wakaru-web:20200328233336j:plain

photoAC


なんという卑劣な手口でしょう。


例え高齢者でなくても、こうした巧妙な芝居をされては、気づかないケースも多いのではないでしょうか。


この背景には、僕がそうなのかもしれませんが、日本人が「公共機関」を信頼するという心理が働いているような気がします。


電気、ガス、水道。


公共性の高い機関やそこで働く人に対して、我々はおそらく、最初から信頼感を持っています。

彼らはいつも、私たちの生活を支えてくれているのだ。

半分は社会的な仕事なのだ、と。


もちろんその通りなのですが、ここにニセモノが入り込んだとしても、信頼感が逆に邪魔をして、なかなかウソが見破れないのではなかろうか、と思いました。

 

ガス点検員を名乗る詐欺の事例

f:id:wakaru-web:20200329002036j:plainphotoAC


東京ガスのサイトで調べてみると、実際に次のような犯罪行為があるようです。

いくつか抜粋します。

  • ガスの点検員や集金員などと称して訪問し、ガス料金や点検料等をだまし取る。
  • ガス警報器の取り付け勧誘として訪問し、代金をもらって姿を消す。
  • ガス漏れやガス機器の検査と偽って、宅内に入って金品を盗み取る
    →これはもはや泥棒・強盗ですね。
  • 給湯器が故障していると偽り、ニセの部品を見せて交換したかのように見せかけ、修理代金をだまし取る。
    →兄さんの話に近いケースです。
  • ガスメータの取替をするとガス料金が安くなると偽って、ガスメータの取替を勧め、実際の取替は行わずに代金だけをだまし取る。
  • ガスの点検などを装ってドアを開けさせ、部屋に侵入して暴行する
    →単なる暴行犯で、ガスはもう関係ないです。凶悪です。


東京ガスサイトより抜粋・編集しています。

www.tokyo-gas.co.jp


これまでに、どれかの手口に似たケース、心当たりのケースがあったでしょうか?

くれぐれも気を付けましょう。

 

ガス点検詐欺などを防ぐには

f:id:wakaru-web:20200329002448j:plainphotoAC


詐欺を防ぐにはどうするか、東京ガスでは次のように呼びかけています。


  • 「東京ガス協会」などと名乗り、アンケートと称して家族構成やガス・電気代など、お客さま個人の情報をお聞きすることはありません。
  • 「検針結果のお知らせ」(検針票)でガス料金を集金することはありません。
  • お客さま宅の安全向上のため警報器の取り付けをお勧めしていますが、取り付け前に代金を請求することはありません。
  • ガス設備の定期保安点検、ガスメータの修理や取替の作業では費用を請求することはありません。また、必ずはがきや訪問チラシ等により事前に訪問のご案内をしております。
  • ガスメータは計量法に基づき10年(一部7年)に一度、定期点検ではなく、定期取替えを行っております。お客さまへのご案内は東京ガス及び工事会社の電話番号を記載したハガキで行っております。


東京ガスグループの作業員は、東京ガスグループの「身分証」を携行しております。不審な場合は必ず「身分証」の呈示を求めてください。なお、不明な点がありましたら、
東京ガスお客さまセンターへお問い合わせください。 


東京ガスサイトより引用しています。


つまり、

検針票、ガスメータの修理や取替の作業で料金を請求することはない

作業員は身分証を携行している

ということですね。


怪しいと感じたら、「身分証」の提示を求めましょう。

もし拒否したり「身分証」を持っていなかったら、警察に通報してもよいかもしれませんね。

 

全国のガス会社はいくつある?

こうした卑劣な詐欺はともかく、我々の生活を支えているガス会社。

全国で、いったい何社ぐらいあると思いますか?


10社、20社?

いえいえ。


実に200社以上あるそうです(Wikipedia参照)。

200社以上!


お湯を使う、コンロを使う、暖房を使う、時には電力も利用する。

ガス会社は、まさにライフラインを支えてくれています。

だから私たちも、安心して生活できるのですね。


おしゃべりなあの兄さん。

今日もどこかで頑張ってくれているんだなあ。

 

 

ではまた次回!

 



初級者の、サイト作りやWordPressのお悩み・質問などがありましたら、こちらからお問合せ下さい

この記事が面白かった場合には、スターやブックマークをお願いします!

 

コロナ騒ぎで注目の「テレワーク」と「リモートワーク」。それぞれの違いと運動不足解消!

f:id:wakaru-web:20200229182902j:plain

新型コロナウイルス感染予防で、無用な人混みを避ける

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、

今、自宅やオフィス以外の場所で作業する「テレワーク」という仕事形態が、あちこちで導入されています。

少しでも対面や人込み、満員電車を避けて、自宅や別な場所で安全に作業しましょう、ということですね。


導入できないケースも多々あると思うので、どこまで効果が上がるのかは不明ですが、大勢が移動することを少しでも軽減しようとする試みにはなるのでしょうね。

 

「テレワーク」と「リモートワーク」って、何が違うの?

さて、オフィス以外で作業することを表す「テレワーク」と「リモートワーク」という2つの言葉がありますが、いったいどう違うのでしょうか?(以前は、「サテライトワーク」とも呼ばれていたようです)


ちょっと調べてみました。

 

「テレワーク」とは

「テレワーク(telework)」は、「tele( 離れた所)」と「work(働く)」の2つを組み合わせた英語の造語で「離れたところで働く」というです。


この言葉が生まれたのは、1970年代のアメリカだそうです。

ずいぶん古いんですね。

当時、ロサンゼルスは車による大気汚染がひどく、さらに、オイルショックという社会的危機がたびたび起こったこともあり、「自宅にいながらにして仕事をする」というスタイルが導入されるようになったそうです。

これが「テレワーク」です。


日本では、1984年に、日本電気(NEC)の吉祥寺のサテライトオフィスで「テレワーク」が初めて導入されたそうです。

 


「リモートワーク」とは

一方「リモートワーク(remotework)」は、「remote(遠隔、遠い)」と「work(働く)」が合わさった造語で、これもやはり「遠くで働く」という意味です


「テレワーク」とほぼ同義語のようです。

2つは、ほぼ同じ意味なのですね。


「リモートワーク」の言葉は、はじめITエンジニアやWebデザイナーなどの職種の人が、オンラインの技術を使って、オフィス以外の場所で仕事をすることを指すことが多かったようです。

メンバー同士が同じ場所にいるとは限らず、メールやチャットで連絡とって作業を進めることができるため、効率的な作業形態です。


昨今では、SNSの浸透などによって、特にこうした職種の人でなくても「リモートワーク」の形態をとるケースも増えてきているかもしれません。


出展:TELEWORKERS

 

「テレワーク」で宿命的な「運動不足」の問題

f:id:wakaru-web:20200229173924j:plainpixabay


そして、かくいう僕も「テレワーク」17年選手です!

1日のほとんどをパソコンの前で過ごします


そんな僕にとって、一番の大敵、それは

運動不足

です。

これは、とても深刻な問題です。


長時間の座りっぱなし作業は、たばこよりも害があるという研究結果もあるそうです。


ですので、海外では、立ったり座ったりして作業をするための特殊なデスクが開発され、すでに実用化されているようですね。

日本で導入されているという話は、僕が知る限りほとんど聞きません。


1日中座りっぱなしの作業。


体がだるく疲れやすくなり、肩が凝り、精神的にも活力が奪われてきます。

精神的な停滞、これが一番やばいです

テンションや集中力が落ちると、即座に作業効率が落ちてきます。

僕にとって毎日の作業は、むしろこの座りっぱなし作業におけるバイオリズムとの戦いと言っても過言ではありません (^^;)


今後「テレワーク」が盛んになるとしたら、この「運動不足」の問題もクローズアップされるのではないか。

これは、大きな社会問題だ!


いや、そんな事とは別に(笑)


とにかく、少しでも体を動かさないと、本当に苦しくなってきたので、

いきなり今日!

運動できる格好になって、近所にある世田谷区・砧(きぬた)公園に行きました!(家から徒歩7分です)

そして、公園内にあるサイクリング兼ジョギングの周回コースで、ウォーキング + ジョギングをしてきました!

砧公園とはここです↓


砧公園サービスセンター

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index004.html

TEL 03-3700-0414
〒157-0075
世田谷区砧公園1-1

東急田園都市線「用賀」から徒歩20分
または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車

駐車場(有料)

花見の桜は最高です!

砧(きぬた)公園でウォーキング+ジョギング!

f:id:wakaru-web:20200229131722j:plain


砧(きぬた)公園のウォーキング + ジョギング。


これが、気持ちいいこと!


いや、実は砧公園は家の近くなので、ここ数年、ジョギングに行こう行こうと思っていたのですが、忙しさにかまけて行ったことがありませんでした(お花見や他の遊びでは何度も行っていますが)。

それを、ついに始めました。


まず、周遊コースを歩き始めます。

すると、走りたくなってくるので、徐々に走ります。


いい感じ(feel so good)です!

 

体内の循環もよさそうです。


今日は30分ほど「歩き + 走り」、じんわり汗がにじんできたところでやめました。

今後、徐々にジョギングに移行していく予定です。

とりあえず、1日30分~1時間、続けてみようと思います。


砧公園のサイクリング・ランニングコースの紹介ページです↓

クロカンもあり!砧公園ランニングコース | ランニングコース紹介 スポーツワン

 

f:id:wakaru-web:20200229131937j:plain

 
「テレワーク」には「運動」が必要です。


コロナウィルス避けとしても、人の少ない屋外は安全だそうです。

考えてみてもそうですよね。


この時期だからこそ、くれぐれも体調を落とさないように免疫力アップしながら頑張りましょう!

 


ではまた次回!

 


この記事が面白かった場合には、スターやブックマークをお願いします! 

片づけられる人、片づけられない人。部屋の中は心の反映。

f:id:wakaru-web:20190604164047j:plain

pixabay

 

汚部屋で途方に暮れる僕

僕の部屋が、ひどく散らかっています。

一人暮らしで、ここ3ヶ月ほど仕事が忙しかったのです。

全く掃除ができず、ついつい放置してしまい、ちょっとしたゴミ屋敷状態になってしまいました。


部屋中、袋やダンボール、紙くずなどでいっぱいで、床が見えません。

そういえば、最近、家事代行サービスや一人暮らし用のハウスクリーニングサービスもあったよな。

1時間6,000円ぐらいだっけ。

ひとつ頼んでみるか?


でも、どこまで任せられるんだろう。

このゴチャゴチャの中に、仕事関係のものも紛れ込んでいるし、何をどこに戻すのか説明しなくちゃいけないよな。

取っておくもののリストも作らないとダメかもしれない。

だったら、自分でやったほうが早いか・・・。


しかし、どこから手をつけたらいいのだろう。

見れば見るほどうんざりする。

しばらく、カプセルホテルにでも泊まろうか。

でも、外へ出たしたとしても、いずれ帰って来てこの部屋と対決しなければならない。

後回しにすると、余計しんどいことになるかも。

ああ、どうしよう・・・(_ _|||)

僕は、途方に暮れます。


・・・と、これは、部屋が片付けられない僕の夢でした。
(実際にはこうなってはいません (^-^))

 

f:id:wakaru-web:20190604154135j:plain

photoAC

片づけられる人、片づけられない人

世間ではよく、片付けられる人と片付けられない人がいる、などと語られます。


片づけたいけど、片づけるのが面倒で、かったるい。

おおよそ全ての人は、そう思いますよね。


この「片付けたいのに片付けられない」ですが、単に「面倒」だということだけではない、という説があります。

「すごい片づけ」の著者である、はづき虹映さんの視点では、「片付けられない」理由とは、


本当は片づけたくないから」というものです。


頭では片づけたいと思っているけど、心の奥では片づけたくないと思っている。

だから片づかないのだ、と、はづきさんは説きます。


そして、もっと核心を言えば、これは

決着をつけることができないから」だと。

 物を片づけるということは、単に部屋をきれいにすることだけではなく、「自分の思いを決着させ、それを形にあらわすこと」だと、はづきさんはいいます。

 

片づけることは、決着を付けること

片づけられないのは「決着をつけることができない」から。

この言葉は、僕に刺さります。


これは単に、片づけの問題だけではなく、あらゆることに言えますよね。

 「自分は、決着をつけることができているのか?

仕事において、生活において、人生において。


僕の場合、おそらく大半は「決着」などつけられておらず、流れに身を任せている「なりゆき」が多いと思います。

そして、やっかいなのは、自分自身でそれを快く思っていません(;^_^)

 

f:id:wakaru-web:20190604161834j:plain

 photoAC


「すごい片づけ」のはづきさんは説きます。

今の状態でも(部屋が汚れていたとしても)、自分自身が「決着している」と思えれば「片づけ」は終わっているのです、と。

つまり、重要なのは「自分が納得できている状態かどうか」ということなのですね。


そう考えて自分のデスクや部屋を見てみると、「決着がついていない」ものが実にたくさんあります (〃▽〃)

何かやりかけて、あるいは片づけかけて、途中で止まっているもの。

3ヶ月や1年など、もう埃をかぶる次元での後回しもあります。

「どうするか決着せずに」そのままクリアファイルに突っ込んだままのドキュメント類。

かといって、また使うのではないかという言い訳をして、きっぱり捨てようとしない。たまに少しいじって、また放置する。

まるで、本に付箋紙を貼ったまま中身をよく読んでいないような状態です。

これらに対して、僕自身は納得していません。

つまり「僕の片づけは終わっていない」のです。

恥ずかしながら、これが、僕自身の特徴の一つを表している風景なのでしょう(;^_^)

(はづき虹映さんの説については、livedoor NEWSサイトより抜粋・引用 調整しています)

片づけない状態の極み・・・ゴミ屋敷

部屋を片づけない状態が続くと、いつかは「ゴミ屋敷」という問題が浮上してくるでしょうか。

「ゴミ屋敷」とは、Wikipediaによると、「ゴミが、野積みの状態で放置された、ゴミ集積所ではない建物か土地のこと」だそうです。

もはや、よく知られた光景ですよね。

f:id:wakaru-web:20190604154621j:plain

Wikipedia


「片づけられない」ことに、心の問題がかかわるならば、ゴミ屋敷もそのひとつなのかもしれません。


僕は、何でもかんでも「病気」と名付けてしまう風潮にはあまり賛成できません。

しかし、ゴミ屋敷の心理的原因の「症状」としてよく言われていることが、いくつかあるようです。

その中で、僕が「え、これ自分にも少しあるんじゃない!?」というアブナイ要因を挙げてみます(T▽T)

 

ためこみ続けてしまう「ためこみ症(強迫的ホーディング)」

ためこみ症とは、例えば、郵便物、本、雑誌、新聞、服、書類など、一般的に見て「あまり価値がない」「役に立たない」と思われる物をたくさんためこんで、手放すことができない障害、と言われています。

捨てることが困難になるようです。


でも、少々のことなら、これに似たことありませんか?

該当するかどうかわかりませんが、僕には似たようなことはあります(;^_^)

「一時保留癖」とでも言うのでしょうか。


例えば、いずれ処分するだろうものでも、いったん(というか何年かは)押入れや物置に置いておくことがあります。

ほとんど見もしないのに、です。

やがて、引越ししたり、何らかの大きなきっかけがあれば、そのとき捨ててしまうことが多いのです。


僕にとって問題なのは、「きっと捨てることになるんだろうな」と思っているのに、一時的にとっておくという、その習性です。

まさに「決着つけていない」です。全く(T▽T)

まるで、そのとき下すべき結論から、逃れているかのようです。

実際、場所的にもデッドスペースを作っているだけで、意味のないことですよね(;^_^)

 

f:id:wakaru-web:20190604162821j:plain

photoAC

 

子供の頃の収集癖

子供の頃、よく石や棒を拾ってきて、物置や玄関に集めることがありましたが、これは本人(僕)にとって意味のあることでした。

気に入った、振り回しやすい棒だったり、二股に分かれていてゴムをつけるとパチンコ(石を飛ばすやつ)に使えるものだったり、石は石でも、丸くて平たく、水で洗うときれいになる石だったり、全て気に入ったものでした。

「あまり価値がない」「役に立たない」ものではなく、宝ものです。


しかし、親からはガラクタだといって叱られて、捨ててきなさいと言われ、どこかに捨てに行くことになります。

やがて大人になるにつれて、片づけを覚え、捨てることを覚え(教え込まれ)、時には取っておきたい気持ちに反して、物を捨てます。

でも、どこかに、こうして捨てられない習性がまだまだ残っているのでしょうか。

 

セルフネグレクト(自己放任)でゴミ屋敷になる?

「ゴミ屋敷」問題で取り上げられる心理的な要因として、セルフネグレクト(自己放任)というものもあります。

 ネグレクト(neglect)の言葉の意味は「無視する」ということで、例えば、育児放棄や高齢者虐待など、心理的虐待や身体的虐待の意味にも使われるようです。


セルフネグレクト(自己放任)とは、自分を放棄する状態とでも言うのでしょうか。

例えば、何もかも投げやりになって、食事もとらず、風呂に入らず、掃除もしなくなる。

身なりを気にせず、荒れた服で外出する。

周囲の人とのかかわりを拒否する、家に引きこもる。

こうして、セルフネグレクトによって精神的に不安定になることから、生活が崩れていき、「ゴミ屋敷」になってしまうケースがあるようです。


「ゴミ屋敷」の中で引きこもって孤立することは、孤独死などにもつながる問題です。

テレビなどで見ていると、日本だけではなく、アメリカなど海外にも、「ゴミ屋敷」はたくさんありますよね。

 

f:id:wakaru-web:20190604163101j:plain

photoAC

セルフネグレクトは誰にでも可能性がある?

セルフネグレクトという状態も、小規模なら、誰の心にも起こりうることではないでしょうか?

例えば、何か失敗をしたり、うまく行かなかったり、あるは人間関係につまづいたりすると、やる気を失い、一時的に投げやりな状態になる。

 いつもきちんととっていた健康的な食事もとらなくなり、続けていた運動もやめてしまう。

友だちとも会わなくなり、生活の中の基本的なルーチン作業も放棄してしまう。


つまり、ふてくされる、投げやりになる、ということでしょうか。

その後、気を取り直して普段の生活に戻っていくか、あるいは、さらに自分の心の中に落ち込んでしまうか。

人とは、以外にも簡単に、やる気やエネルギーが抜けてしまうものかもしれません。

その境目は、とてもきわどく薄い境界線かもしれませんね。


そういうときには、たまには周囲の力を借りるのも、よいかもしれません。

やる気やエネルギーが落ちてきたな、と思ったら、誰かから「元気」をもらったり、「刺激」をもらったりして、最後は自分が立ち上がらなければなりませんが、時には助けてもらうのも悪くはありません


「片づけ」も「決着」も「自己放棄」も、全て自分の心の状態からくるのでしょう。

やはり、部屋の中の状態は、自分の心の反映なのかもしれませんね。

 

ではまた次回!


 

この記事が面白かった場合には、スターやブックマークをお願いします!

大変な励みになります!

「同窓会行かない症候群」って何?

f:id:wakaru-web:20190601181815j:plain

photoAC

いまだに飲みに集まる旧友はいますか?

あなたは今、おいくつでしょうか。

10代、20代、

働き盛りの30代、40代、

さらに大人の(?)50代・60代以上でしょうか?

(僕は50代です、大人といえるかどうかわかりませんが(;^_^A)

 

そして、あなたには、

長年の間、いつも飲みに行くような、気のおけない仲間がいるでしょうか?

例えば、学生時代の気心知れた仲間と、いまだによく飲んでいる。

同期の仲間と、仕事が別々になっても必ず集う店がある、などです。

 

僕は、1~2年ごとに、たまに集まる中学・高校の同級生たちはいますが、そのぐらい古くからの仲間で「定期的に」飲みに行くパターンは、さすがに少ないです。

やはり、学生のころと住所が変わったり、仕事や生活がそれぞれ別々になると、だんだんと連絡が途絶えてしまいますよね。

年賀状の習慣もほとんどなくなってしまったので、メールやチャットでつながっていない人とは、住所・連絡先確認もできません。

 

そもそも、みんなおおよそ自分のことで精一杯ですから、旧友のことなどは後回しになりますよね。

そうして何年もたち、もう誰に聞いても、連絡先がわからなくなった人がいっぱいいます。

 

同窓会では、30年以上前にタイムスリップする

僕は50代ですから、たまに大勢のクラス会に参加すると、会うのが30年ぶり、へたすると40年ぶりという、人生のかなりの時間をタイム スリップしたような状態になることがあります。

まさに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」状態です。

 

でもこれ、とても不思議なんですが、

中学生のころからずっと会っていなかった人に会って、一番強く感じることは、

みんな当時と変わっていない

ということなんです。

 

ドラマでありそうな「○○君だったの?すっかり雰囲気変わって、わからなかったよ!」

こういうパターンが、僕にはほとんどないのです。

 

「あ、君全く変わらないね!」

「じゃあ、自分も変わってないのかな?」

このパターンが、圧倒的に多いのです。

「全くあのころのままじゃん!」と感じることさえあります。

(なぜか、髪形さえ当時と似ている人もいます (^-^))

 

f:id:wakaru-web:20190601181931j:plain

photoAC

人の容姿は中学生ぐらいで完成される?

そして、そのたびに思うのは、

人というものは、中学生ぐらいで容姿や雰囲気が完成してしまって、その後は大きく変わることがないのではないか?

ということです。

あくまでも個人的な感想なので、根拠はありませんが。

 

もちろん、30年近くの間に、それぞれに様々な出来事があり、仕事が変わったり家族を持ったり別れたり、その人自身、そして周りでは、めまぐるしい変化があったことでしょう。

とても一言では語れない、長い長い時間です。

 

そして、その長い経験が、額のしわに表れたり、白髪に表れたり、出っ張ったお腹に表れたりしているのではないかと感じます。

ですが、「基本的な容姿」は多くの場合変わっていないように思います。

 

時の隔たりを感じない会話

もう一つ、これは同級生同士の特徴なのかもしれませんが、

話始めるや「30年近い時間の隔たりが一気になくなる」ということです。

 

30年以上の時間が経っていれば、

積もる話もあるけど、いったいどこから話をしたらよいのか、

触れてはならない部分もあるかもしれないし、まずは時節の話からしてみようか・・・

そんな風に想像するかもしれませんが、

 

全く逆です。

 

「おお!○○君、変わってないね!2年のときの担任の○○先生に体育館で殴られたとき、痛かっただろ?」

「ムチャクチャ痛かったよ!だって、当時○○先生は体格もよくてパワーがあったから、殴られて本当に3メートルぐらい吹っ飛んだよ」

あ、これは今ではありえない風景ですね(;^_^A

大問題になっちゃいます。

当時は、まだ教師の体罰があったころでした。

 

それで、これが35年ぶりに会った最初の会話だったりします (^-^)

ろくなあいさつも前置きもなく、いきなり当時のあの日のことを話し始め、相手もすぐにそれに答える。

35年前と全く同じテンポで、同じ表情で。

 

このような調子なので、同窓会では、まるで時が経っていないような錯覚に陥ることがあるんです。

(自分の中で思い出が風化していないので、そういう意味では、確かに時は経っていないのかもしれませんが)

 

このように、僕にとっては、同窓会は大勢であっても少人数であっても、驚きと感動が多いです。

 

f:id:wakaru-web:20190601182427j:plain

photoAC

同窓会行かない症候群

ところで、昨今、特に50代の人たちの間で、「大勢でやる同窓会に行きたくない」と思っている人が増えているようです。

同窓会行かない症候群と言われているようです。

一体なぜなのでしょうか?

(以下「同窓会行かない症候群」の説については、日経ビジネスサイトより抜粋・引用 調整しています)

 

同窓会幹事代行サービスを手掛ける会社「笑屋」による調査では、日本では「同窓会の小規模化」が進行しているようです。

つまり、同窓会の人数規模が小さくなっている、ということですね。

 

気のおける少人数で集まるのは、楽しい。

でも、大勢で集まる同窓会には、行きたくない。

そう考える人が多いとの事です。

そのわけは、自分の「仕事」の状況を知られたくないのが一番多いそうです。

 

今の自分の仕事やポストを知られたくない

いつもの少数の仲間なら、お互いの仕事のこと、生活水準、家族のことなどわかっているので、今更気兼ねする必要もない。

見栄を張ることも、隠すこともない。

ありのままで接することができる、ということでしょう。

 

それが、大勢の同窓会の場合には、久しぶりに会う旧友も多く、最近の自分の仕事やポストを知らない人たちがいる。

こうした同窓会には参加したくない、という人が多いということです。

 

例えば、こういうことです。

ある52歳の会社員のAさんの例では、

「以前、同窓会に参加した時に、つい勤めている会社や当時の自分の役職の自慢をしてしまった。しかし、5年ほど前に、あまり知られていない別会社に出向になっしまった。だから、今は恥ずかしくて参加できない」

 

50代と言えば、それまでの会社生活の「結果」が見えてくる時だと言います。

仕事内容や部署、ポスト、生活水準などで、いやおうなく仲間と差が出てきてしまう。

そして、(自分の中で)恥ずかしくてとても現状を知られたくない。

そう思ってしまうことが多いのだそうです。

 

マイナビが2012年に調査したところ、同窓会に参加したくない人が増えている最も多い理由は、

「自分に自信がないから」

だったそうです。

 

f:id:wakaru-web:20190601182624j:plain

photoAC

幸福度が低い日本

何か、人生の中の価値観として、とても窮屈なものを感じますよね?

 

自分が仕事上で以前より役職が下、あるいは会社が小さくなってしまったとしたら、確かに負い目を感じることはあるでしょう。

自信も持てないかもしれないし、わざわざ声を大にして言いたくはないでしょう。

ですが、それが「人に会いたくない理由」となれば、付き合いの幅はどんどん狭くなっていく一方です。

 

国際連合が発表 した18年版「世界幸福度ランキング」では、日本はG7の中で最下位となり、ニカラグアやルーマニアなど、日本より経済的に貧しい国よりも下だったそうです。

 

また、幸福のメカニズムを研究する慶応義塾大学大学院の前野隆司教授は、

1日1回以上、仕事でワクワク感を感じる日本人は、今や5%未満。世界でも圧倒的に低い水準です

と述べているようです。

 

あなたはどうでしょう?

同窓会に行きづらいでしょうか?

以前と比べて自分は萎んでしまって、人に知られたくないと思うでしょうか?

 

僕は、肝心なのは、仕事でも何でも、自分がのめりこんで楽しんでいるかどうか、自分にエネルギーが満ちているかどうかが大事ではないか、と思います。


仮に、有名な大手企業の重要なポストにいても、その仕事が苦しくて、辞めたくて仕方がなけば、それは幸せとは言い切れないでしょう。


仮に、一人だけの個人事業主であってもアルバイトであっても、自分の携わっている仕事が楽しく、もっと続けていたいと思うものであれば、その人は自信に満ちて、周りから見ても輝いているのではないでしょうか。

 

これは、単なるきれいごとでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

 

 

ではまた次回!


 

この記事が面白かった場合には、スターやブックマークをお願いします!

大変な励みになります!

歯医者さん。口を開けるか閉じるかを指示してください!

f:id:wakaru-web:20190601001145j:plain

pixabay

 

口を開けるの?それとも閉じるの?


歯医者さんの診察台で、

僕は、歯科衛生士さんの指示を待っていました。

今日は、虫歯治療ではなく、歯を磨く日だということです。

 

歯科衛生士さん「はい、ではまず表面をきれいにしていきます」

僕「はい」

専用の機器が、閉じかけた口にぶつかりました。

歯科衛生士さん「あ、ごめんなさい」

僕「(あ、今、口を開けるタイミングだったんだ:心の声)」

僕は口を開けます。

 

歯科衛生士さんは、機器を口の中に入れて、歯を磨きます。

ウィーン!

その後、機器を口からはずして、何か他の道具を用意しています。

 

僕「(ん?いったん終わったのかな?口を閉じていいのかな?)」

口を閉じます。

 

歯科衛生士さんは、別な器具を持って来ました。

歯科衛生士さん「では、さっきより細かいので磨いていきます」

そう言ったあと、歯科衛生士さんは待っています。

 

僕「・・・(ん、待ってるの?今、口を開けるの?)」

そう察して口を開けました。

 

歯科衛生士さんは、何も言わずに装置を口に入れて、磨き始めます。

僕「・・・(やっぱり、開けるんだったのね)」

磨く作業は続きます。

モヤモヤとした気持ちが沸き起こってきます。

 

僕「(いつ口を開けるのか、閉じるのか、何をすべきなのか、わからないですよ?)」

 

歯科衛生士さんは装置を口から出し、片付けています。

僕「・・・(え?終わったの?)」

長い間口を開けたままで疲れてきます。

歯科衛生士さんは何も言いません。

僕「(口を)ゆすいでいいんですか?」

歯科衛生士さん「はい、いいですよ。あ、(座席を)起こしますね」

 

何事もないような言い方で、歯科衛生士さんは言います。
僕は、体を起こして口をゆすぎました。

 

f:id:wakaru-web:20190601004747j:plain

pixabay

 

その後、たまに「口を開けてください」という指示が出るものの、

「では、さっきより硬いのでやります」とか

「最後に細かいので磨きます」とか、

出る言葉はそういうことばかりです。

 

でもそれは、歯科衛生士さん自身の段取りの確認です。

いわば、本人が指差し確認しているようなもので、こちらがそれを聞いても、何をできるわけでもありません。

今は患者にとってピンとこない情報」です。

僕「はあ・・・」こちらが答えられるのは、それだけです。

 

そしてあるとき、歯科衛生士さんが歯を磨いている途中で、器具の端が歯茎に当たって痛かったので

「痛っ!」と言いました。

「あ、すみません!」

そういって、そのまま作業を続けます。

歯茎に当たったことには、気づいていないようです。

僕「(え?今、どうして痛かったのか、確認しないの?
これでは、再び同じことが起こるのではないの?)」

 

不安になりました。

 

こちらは、口を開けたままだし、磨いているので、いちいち止めて訴えるわけにもいきません。

結局、不安とモヤモヤのまま、僕からは何も伝えないまま、歯みがき作業は終わりました。

 

f:id:wakaru-web:20190601004043j:plain

pixabay

 

これは細かいことですか?

果たして、僕は細かいことを気にしすぎていたのでしょうか?

神経質になっていたのでしょうか?

いえ、そうは思えませんでした。

 

その歯医者さんにはもう1年も通っていて、信頼しています。

でも、歯科衛生士さんはよく辞めたり代わったりするので、だいたいいつも違う人が担当してくれます。

人によって技量が違うことは、仕方ありません。

 

しかし・・・

 

 患者が聞きたいのは、今からどんなことをするのか

いつ口を開けるのか、閉じるのか

ずっと口を開けていると疲れてくるので、一度閉じて休んでもいいのか

そういう、具体的なことです。

 

f:id:wakaru-web:20190601004133j:plain

photoAC

 

相手の状況を想像して伝える人、そうでない人

この日の歯科衛生士さんは、患者に何を伝えるべきなのかが、おそらくわかっていない人だったと思います。

逆に、患者の目線に立って指示を出せる歯科衛生士さんも、います。

「開けてください」

「はい、いったん楽にして」

「閉じてください」

「ちょっと熱いのが入ります」

そのときに患者が知りたいことを、端的に伝えてくれます。

こちらは、何の心配もなく、任せられます。

 

この二者の違いは、明らかだと思います。

 

相手の立場に立っているか、そうでないかです。

 

本来相手の立場に立つことなど不可能

相手の立場に立つ

これは良く言われるフレーズですが、厳密な意味ではそれは不可能でしょう。

なぜなら、相手の状態や気持ちになることは、不可能だと思うからです。

 

相手と自分は違います。

 

生まれも違えば育ちも違い、過ごしてきた歴史も違います。

だから、感じることも、考えることも、当然違います。

その違う相手に自分が「なる」などと言うことがあれば、それは勘違いか思い上がりというものでしょう。

 

でも、ここでは「相手の状態を想像して話す」という意味で使います。

 

別な人間であっても、相手の状態を「想像」したり状況を「仮定」したりすることは、できるでしょう。

相手が今、何をどこまで知っていて、これを話したらどう考えるだろうか、感じるだろうか。

どう表現したら、この質問が伝わるだろうか。

 

これらの想像は的外れなこともありますが、全く想像せずに話すのと、想像しようとして話すのでは、全く違う結果になるでしょう。


そう思いませんか?

 

爺さんになるまで、フィードバックは続く

歯医者さんでの出来事で、僕は自分にそれができているかどうか、置き換えて考えてみました。

仕事で、相手(顧客、取引先の人、上司)の立場を想像して、「相手にわかる内容を、わかる言葉で」話しているか。

友人に、「その友人の理解しやすい表現」で話しているか。

小さな子供に質問されたとき、「その子が理解できる範囲の知識で」答えているか。

誰かに質問するとき、「回答者が答えやすい形で」質問をしているか。

 

僕は、回答すべき答えをたとえ「半分しか述べられなかった」としても、その半分が「相手にわかる表現」であることの方が、「全て答えた」けどほとんど伝わらなかったときよりも、数段重要だと思います。

 

そして、おおよそ自分に点数をつけるとすれば、100点満点で40点かな、と思いました。

一層注意して伝えることが重要だな、と思うばかりです。

(きっとこうしたスキルが完成することはないので、おそらく爺さんになっても同じように考えて、現実からのフィードバックを続けているかもしれません)

 

f:id:wakaru-web:20190601004901j:plain

pixabay

 

歯医者さんに行く頻度

ところでみなさんは、歯医者さんにどのくらいの頻度で行っていますか?

3ヶ月に1回?

1年に1回?

治療のためだけではなく、予防のために行っている人もいるでしょう。

 

実は僕は、この20年近く、歯医者さんにかかってきませんでした。

 

もう一度言います。

20年近くです。

 

すごく長い期間ですよね?

なぜそんなに長い間放っておいたかというと、ずっと歯が痛くなかったからです。

 

人間、痛くなかったら歯医者さんには行きませんよね?

歯医者さんでは歯を削ったりするので、治療は痛いです(あ、実際には痛かったら麻酔をかけるので、子供時代からの僕のイメージです)。

削る音も怖いし、あの消毒薬系のにおいが、恐怖を誘います。

だから、(僕は)自ら進んで歯医者さんには行きません。

 

それでも、20年ぶりぐらいに行った理由は、歯をキレイにしたかったからです。

僕は、以前かなりの量タバコ(セブンスターを1日30本程度)を吸っていましたが、かなり前にやめました。

それでも、歯が着色して汚れてきたためです。

 

それで、歯医者さんの扉を叩いたのですが、

そこから、1年間通うハメになりました

歯のクリーニングから、虫歯の治療に移行したためです。

 

(もう数えていませんが)虫歯が全部で8箇所ぐらいあったと思います。

痛くないのに・・・


週1回通って、削っては翌週に詰めて、削っては詰めて・・・

気づいたら、1年経ちました。

 

かなり痛い思いもしました(気持ちがではなく、実際に歯の神経が)(;^_^A

途中で何度か思いました。

「ああ、もうやめようか」

「ここでいったんストップして、またしばらくしたら再開しようか」

でも、文字通り歯を食いしばって、通い続けました。

 

実は、以前聞いた知人の歯の治療の話を、何度か思い出したからです。

 

f:id:wakaru-web:20190601004944j:plain

photoAC

 

治療を途中でやめてはならない、長期間放置してはならない

その人は、やはり相当虫歯があったそうで、歯医者で治療をして、マメに通っていたそうです。

家に帰っても、それまでのいい加減な歯みがきを改めて、丁寧に磨いていたそうです。

ところがあるとき、気持ちの糸がぷっつりと切れて、歯医者さんに行かなくなってしまった。

 

そして、長期間放置した結果・・・

まだ治療できていない歯が、神経ごと根こそぎダメになり、ついにはインプラントを入れなければならなくなってしまいました!

結局、総工費(笑)100万円近くかかったそうです。

そして、治療の行程は、かなり辛かったそうです。


その人は言っていました「ああ、多少大変でも、面倒でも、最初の段階でやめずに通い続けていればよかった。結局、お金も労力も、何倍もかかってしまいましたよ」と。


普段からよく磨き、定期的に検診に行って、歯を綺麗にしながら悪いところを見つけ、できるだけ早めに治していく。

歯科は予防の時代、ですよね。

なんて偉そうなこと、僕は全く言えませんが!(*^o^*)

 

 

ではまた次回!


 

この記事が面白かった場合には、スターやブックマークをお願いします!

大変な励みになります!

え?渋谷から二子玉川って、線路がなかったの?



僕(国府田-こうだ-)が運営している「わかるWeb」は、WordPressやwebの知識サイトです。

このブログも、「わかるWeb」をアピールするためのサイトなんですが、これまでのメルマガ、このブログを含めて、WordPressやweb関係の記事が全くありませんでした(爆)

本日初めて、このブログでWordPressの記事をちょびっと書きます (〃▽〃)

メルマガもブログも、今までは(WordPressと全く関係ない)映画や有名な逸話の感動的なエピソードばかりを取り上げていました。

その感動的なエピソードのメルマガ、是非購読してください。
↓こちらからどうぞ
https://mail.os7.biz/add/AP7e

↓感動の過去記事はこちら
https://wakaru-web.com/column/


さて、本題です(^-^)


WordPressのテーマ編集】

WordPressは、ご存知の通り、初心者の人でも簡単にブログやサイトが作れる便利なツールです。

世界中で研究がなされているため、WordPressは情報が豊富で、いまや世界中のWebサイトの3割以上がWordPressで作られている、とも言われています ( ̄□ ̄;)!

一方で、WordPressのカスタマイズは、プロが研究するようなレベルまで、とても奥深い世界が広がっています。

初心者の人も、だんだんとカスタマイズに慣れていって、いつかWordPressのテーマファイルのコードを編集する機会があるかもしれません。

そのときには、一つ注意として、編集するファイルをパソコン上にダウンロードしてから作業するのが、お勧めです。

それは何故か?

サーバー上にあるWordPressで直接編集すると、ミスしたときに元に戻らないからです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

wakaru-web.com

 

f:id:wakaru-web:20190217212658j:plain 


【え?渋谷から二子玉川って、線路がなかったの?】


前回から続いて、東京都の二子玉川のお話です。
※ローカルな話題ですみません!

現在、田園都市線という、中央林間から渋谷までの路線があります。

さらに渋谷から直通で半蔵門線になり、最終的には南栗橋か久喜まで行っているでしょうか。

神奈川県の中央林間から、東京を横断して、埼玉県の久喜まで行っちゃってます。


長いですね・・・

 

しかし!!


その昔、二子玉川と渋谷は線路がつながっていなかったのです!

昔、田園都市線は、二子玉川の次は「上野毛」で、渋谷ではなく大井町が終点でした(今の大井町線ですね)。

用賀や三軒茶屋、そして渋谷へは、線路がなかったんです。



だから、子供の頃、田園都市線の鷺沼から渋谷の映画館にスター・ウォーズを観に行ったときには(笑)、自由が丘で東横線に乗り換えて、渋谷に行ったんです。

1977年のころです。

渋谷に行くにはそれが当たり前で、それ以外にルートがありませんでした。

スター・ウォーズ
あ、「エピソード4」なんて名前はなかった、当時はまだ一話完結の「スター・ウォーズ」です。


田園都市線の「桜新町(東京都世田谷区)」という駅は、サザエさんの作者・長谷川町子の記念館である「長谷川町子美術館」があります。漫画の中でも、サザエさんの家は、東京都世田谷区にあるという設定です)



ところでそのころ、二子玉川の駅のホームから渋谷方面を見ると、遠くに不思議なトンネルがあったんです。


住宅地の中の山がちのところの斜面に、ぽっかりとあいた暗い穴。


子供心に、あれは何のトンネルなんだろう・・・と思っていました。

もう使われなくなった古いトンネルなのかな?

ちょっと怖いな・・・。



今思えば、それが、二子玉川から渋谷へ通じる予定の穴だったんです。

二子玉川から渋谷は、1977年ごろに開通しました。


聞けば、その路線は1960年ごろから計画されていたとの事!


公共の交通機関というのは、長い計画なんですね。。。




今や、誰も知らない失われた風景です。

町は、いつも生まれ変わっていきます。


昔から僕にはそういう傾向があるんですが、郷愁が胸に迫ります。。。(笑)


二子玉川園駅、え?「園」ってなに?

f:id:wakaru-web:20190223160352j:plain

 

こういうことを書くと年がバレてきますが、

今はちょっとしたセレブの町として人気の田園都市線「二子玉川」駅は、以前は「二子玉川園」という駅でした。

 

あ、WordPressと全く関係ない話題です(笑)

これからも、話題は交錯していきます。

 

「二子玉川園」とは「園」が付いていますが、なぜか。

それは、以前、遊園地があったからです。

 

 
 
 
View this post on Instagram

#二子玉川園

hnlさん(@hnl)がシェアした投稿 -

 

覚えている人はいるでしょうか?

いや、知っている人はいるのでしょうか?

1985年に閉園になりました。

しかし、その後も2000年まで「二子玉川園」という駅名は存続していたようです。

 

遊園地があるころは、よくウルトラマン関係の特集が開催されていました。

ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンタロウ・・・たちが良く来てました。

 

小さなジェットコースターやビックリハウス(知ってますか?中に入ると、部屋の壁や床がぐるぐる回って自分が回転しているような錯覚に陥る家)、鏡の迷路、メリーゴーランドなんかもあったんですが、

 

やっぱり目当てはウルトラマン関係でしたね。

 

 
 
 
View this post on Instagram

Instagramには初めて載せる写真。麦わら帽子の子どもは誰?( ´∀`)#ウルトラマンタロウ#二子玉川園 #麦わら帽子

HEISEI_SIMONさん(@jiro_takano)がシェアした投稿 -

 

遊園地がある以外は、高島屋や東急自動車学校、

そして多摩川の土手があるぐらいで、非常に素朴な駅でした。

 

多摩川の土手に出ると、全く何も無い(笑)牧歌的な風景が広がっていて、土手で昼寝もできるのんびりとした聖地でした。

 

しかし、いまや駅前は再開発されてライズという大きな商業施設ができ、ちょっとしたセレブの町に変貌しました。

楽天が本拠地を二子玉川に移したのも記憶に新しいでしょう。

 

 
 
 
View this post on Instagram

#二子玉川ライズ #駅ビルにすべて集結 #こういう建築物好き #京都駅ビルに近い #architecture

@ wellonthehillがシェアした投稿 -

 

にぎやかにはなりましたが、昔ののんびりした安堵感は失われましたね。

町は常に生まれ変わるってことですか。。。

 

あ、「わかるWeb」のLINE@を始めました!

WordPressやWebのこと、日々の出来事など配信していきます。

是非友だち追加してください!

そして、追加したら何でもいいのでひとこと送信してください!
(送信は、他の人には見らせません)

こちらからどうぞ

友だち追加

 

 

Webの気軽な友人でありたい

はじめまして。
「わかるWeb」と申します。

 

WordPressのことやWebのことでわからないこと。どんな初心者の人にもわかりやすく答える、気軽な友人でありたいです。

 

WordPressやHTML、CSSなどでサイトを作っているWebクリエイターの方、フリーランスの方、SOHOの方、主婦Webデザイナーの方、会社のWebサイト担当の方、あるいは全くこれから始めようと思っている方。

WordPressやHTMLで、わからないことをすぐに聞ける人が周りにいますか?途中でつまづいたとき、誰に質問していますか?

Web制作を本業としている当サイトの管理人もそうでしたが、実はこれがなかなかいないものです。

いない理由は、単純にそういうパートナー・知り合いが少ない、いたとしてもその相手が忙しくて答えてもらえない、そもそも気軽に聞ける間柄ではない。

そういったことです。

「一言聞ければ解決できたのに」そんなことはいっぱいありますよね?

「わかるWeb」は、WordPress、HTML、CSS、デザインなどの初心者から経験者まで、困ったこと・役立ちそうなことを、できるだけわかりやすく解説し、気軽に聞けて解決できる、そんなメディアでありたいと思っています。

ここでは、WordPressのこと、Webのこと、日ごろの話題を含めて投稿していきます!

LINE@始めましたので、友達登録お願いします。

友だち追加